« 東京に戻ってホッピー … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 変わらないことが魅力 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) »

あなご天ぷらでビール … 「栄屋酒場(さかえやさかば)」(日ノ出町)ほか

あなご天ぷらでビール


 昭和23(1948)年創業の「栄屋酒場」。

 一番人気の品は、なんといっても、客の注文を聞いてから、店主がさばいて作ってくれる『あなご天』(630円)です。

 ここの穴子は、生麦なまむぎ(横浜市鶴見区)から仕入れたもの。

 身に厚みがあって、プリッとした弾力感が絶妙です。

 今日は自宅を出発するのがちょっと遅くなって、野毛のげに到着したのは午後5時半。

 さっそく「武蔵屋」に向かったものの、予想どおり満席で、ひとり客すら入ることができません。

 ひと回りしてから、また来てみることにして、小さな立ち飲みビアパブ「ヌビチノ」に向かいます。

 「武蔵屋」は、基本的によそで飲んで来た人は入れないので、その前に回る店では、軽くビール程度に留めておく必要がある。それならば美味しいビールをということで「ヌビチノ」にしたのでした。

 「こんばんは」と入った店内には先客はおらず、しかも店主の加治さんもいなくて、若いスタッフの方が、ひとりで切り盛りしています。

 ありゃりゃ、久しぶりに加治さんとお話ができるかと思っていたのですが、これまた残念だなあ。

 宮崎ひでじビールの『太陽のラガー』をハーフ(20時までは600円)でいただいて、3人連れの客が入ってきたところで、入れ替わりにお勘定をして店を出ます。

 再度「武蔵屋」に行くにはまだ早すぎるので、本来は「武蔵屋」の次に行く予定だった「栄屋酒場」に、先に行くことにしたのでした。

 とは言っても、そんなに飲み食いするわけにはいかないので、大瓶ビール(640円)をもらって、さっそく『あなご天』(630円)を注文。

 久しぶりにパパさん(二代目店主・三宅明治さん)やママさん(京子さん)とも、ゆっくりとお話をさせていただいて1時間15分ほどの滞在。お勘定は1,270円でした。どうもごちそうさま。

 さぁ、「武蔵屋」に再チャレンジだ。

141203a 141203b 141203c
「ヌビチノ」太陽のラガー / 「栄屋酒場」 / 大瓶ビールとお通し

141203d 141203e 141203f
牡蠣の佃煮 / あなご天 / 大根ぬか漬け

・「ヌビチノ」の店情報前回) / 「栄屋酒場」の店情報前回

《平成26(2014)年12月3日(水)の記録》

|

« 東京に戻ってホッピー … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 変わらないことが魅力 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/60869117

この記事へのトラックバック一覧です: あなご天ぷらでビール … 「栄屋酒場(さかえやさかば)」(日ノ出町)ほか:

» 今夜もやっぱり穴子天 … 大衆酒場「栄屋(さかえや)」(日ノ出町) [居酒屋礼賛]
「ブラジルから戻ってらしたんですって?」 「そうなんです。昨年末に帰ってきました。なかなか来れなくてすみません」  ママさん(店主夫人の京子さん)とそんな会話を交わしながら、大瓶ビール(キリンラガーを選択、640円)と、ここへ来たら必ず食べたかった「あなご天」(630円)、そしてその穴子天のできあがりを待つ間のつまみとしてウドキンピラ(350円)を注文した。  ブラジルに赴任する前、横浜には2回、... [続きを読む]

受信: 2016.04.30 18:58

« 東京に戻ってホッピー … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 変わらないことが魅力 … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) »