« ほらふき鍋で燗酒6升 … 焼肉・ホルモン「ほらふき」(呉)ほか | トップページ | カキフライはこの店で … 料理屋「灘(なだ)」(呉)など »

豚足食べて半ラーメン … 屋台「一二三(いちにいさん)」(呉)

おすそわけの豚足


 しばらくお休みしていた屋台の「一二三」が、10月に営業を再開。

 そのニュースはブラジルまで聞こえてきていて、一時帰国したらぜひ行ってみなければと思っていたのでした。

 しかしながら、「一二三」が開店するのは、基本的に金曜日と土曜日の夜のみ。しかも、なにしろ屋台のことゆえ、天気が悪い場合はお休みするので、なかなか営業しているところに出会えなかったりするのです。

 しかも、営業しているときには、いつもお客さんでいっぱいで、すんなりと入れることは珍しい。

 それゆえ、みんなから『幻の屋台』と呼ばれているのでした。

 金曜日の今日は、たくさん飲み食いしたあとの三次会として、日付けが変わるころに「一二三」にやって来ました。

 この時間帯でも、「一二三」はお客さんでいっぱい。かろうじて空いていた席にすべり込んで、まずはビール(キリンラガー中瓶、550円)と、ナスビ(塩もみ、350円)をもらいます。

「豚足(600円)も食べたいけど、今日はもう、お腹いっぱいで食べられない」

 と話していたら、となりのカップルが、できたばかりの豚足を2切れ分けてくれた。どうもありがとうございます。

 豚足にはやっぱり焼酎(400円)ですね。

「このくらいの濃さがないと、うもうない(美味しくない)」

 という大将の信念で、ここの焼酎水割りは、焼酎ロックに近い濃さなのでした。でもたしかにうまいっ!

 となりのカップルも帰り、私もそろそろ帰ろうかなあ、と思っているところへ会社の先輩がやってきて、濃い焼酎の水割り(400円)をおかわり。

 先輩が注文したメザシ(450円)を横からつまみながら、酩酊の世界へと突入し、最後は半ラーメン(500円)で〆としたのでした。

(半ラーメンは、汁の量も具材も通常のラーメンと同じで、麺だけが半分になったもの。飲んだあとの小腹を満たすのにちょうどいい。通常のラーメンと同じ価格設定の店が多い。)


朝食: ホテルで和朝食。今日も大混雑ながら、オペレーションが慣れてきたようで、あまり混乱はない。金曜日なので、ブッフェに並んでいるカレーライスも少量いただいた。

昼食: 今日もやっぱり社員食堂の天玉うどん(270円)。あっという間に出てくるのがいいよねえ。

夕食: 月刊「くれえばん」編集部のみなさんと「利根本店」へ。テーブル上には鴨鍋と塩ちゃんこ鍋の2種類がスタンバイされている。日本の冬だね! たっぷりと出される魚介の刺身や焼き鳥、揚げ物などに舌鼓。すてきな女性陣に囲まれて、お酒もたくさんいただきました。二次会は木戸編集長と「MOUTON(ムートン)」へ。店を終えて駆けつけてくれた「オオムラ亜」の店主・亜矢さんとも合流して、ハムやチーズでワイン、ワイン、ワイン。堺川を渡って解散したあと、ひとりで屋台の「一二三」へと向かったのでした。

141128a 141128b 141128c
ホテルの朝定食 / 朝定食の湯豆腐 / 朝カレーも少し

141128d 141128e 141128f
「利根本店」刺身盛り合せ / 揚げ物盛り合せ / 焼き鳥盛り合せ

141128g 141128h 141128i
「MOUTON」サラダ / 生ハムやチーズ / ワイン

141128j 141128k 141128l
「一二三」 / ビール / ナスビ塩もみ

141128m 141128n 141128o
焼酎水割り / メザシ / 半ラーメン

・「一二三」の店情報前回

《平成26(2014)年11月28日(金)の記録》

|

« ほらふき鍋で燗酒6升 … 焼肉・ホルモン「ほらふき」(呉)ほか | トップページ | カキフライはこの店で … 料理屋「灘(なだ)」(呉)など »

コメント

ブラジル生活、ご苦労様です。呉に帰ってこられていたのですね。
奇跡か!ちょうどその日、地域団体「安浦町町まちづくり協議会」のメンバーが、地元情報誌「TANTO」に掲載するため「一二三」を訪れました。
安浦在住の店主と女将さん。「安浦元気印・呉で頑張る安浦人」のコーナーに登場です。
町のおじさんお兄さん=素人の取材にも、気さくに答えていただき、良い記事になったと、にわか記者達は喜んでいました。
私は、あいにく他の仕事が有り、泣く泣く断念。「豚足は外すな」と、きっちりアドバイスしておきました。
掲載号は、まちづくりホームページ「やすうら夢工房」http://www.yasuura-yumekobo.comにアップ。
HP内で、「TANTO 21」を検索していただき、一読していただければ幸いです。
地球の裏側での勤務、引き続きご自愛ください。

投稿: 遊星ギアのカズ | 2014.12.18 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/60826148

この記事へのトラックバック一覧です: 豚足食べて半ラーメン … 屋台「一二三(いちにいさん)」(呉):

» カキフライはこの店で … 料理屋「灘(なだ)」(呉)など [居酒屋礼賛]
 一時帰国中に、しばらく呉に出張するということになったときから、カキフライは「灘」で食べることに決めていました。  ここのカキフライは、ひと味違うんです。  一般的なカキフライがパン粉の衣をつけて揚げるのに対して、ここのカキフライは薄いパンで挟むように、くるむようにして揚げる。  だからカリッと熱々の食感の中から、より生に近い状態のカキが出てくるんです。  ックゥ~ッ。うまいのぉ!  熱燗、熱燗。... [続きを読む]

受信: 2014.12.21 13:16

« ほらふき鍋で燗酒6升 … 焼肉・ホルモン「ほらふき」(呉)ほか | トップページ | カキフライはこの店で … 料理屋「灘(なだ)」(呉)など »