« カウンターでネギ焼き … お好み焼き「のぶ」(呉) | トップページ | 地元の魚に地元の熱燗 … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉)ほか »

名物料理をたっぷりと … 屋台「一二三(いちにいさん)」(呉)

豚足


 お好み焼きの「のぶ」を出て、橋を渡ると、そこが呉の屋台通り。

 金曜、土曜は、やっぱり「一二三」ですね。

 前回前々回も、軽く食べて半ラーメンで〆という感じだったので、今日はしっかり食べると決めてきました。

 同行のOさんは焼酎(いいちこ)を湯割り(400円)で、私は同じ焼酎を水割り(400円)でもらって、最初の注文は豚足(600円)と豚耳(600円)。1人前ずつ焼いてもらいます。

 ここ「一二三」は、呉の屋台の中では老舗しにせに分類されるタイプ。

 老舗の屋台は造りが似ていて、長方形の屋台の、奥側の1辺が調理場になっていて、残る3辺が屋台を囲むカウンター席。ここに10人ほどの客が座れます。

 屋台の上には、おでん鍋と鉄板が置かれていて、この鉄板で調理をします。中華そば用のスープ鍋や、麺をゆでる鍋は、屋台の横に置かれているケースが多い。水の量が多い鍋は、地べたに近いほうが置きやすいからだと思います。

 呉の屋台は、市の定めによって、生ものはもちろん、ごはんも出してはいけないことになっています。だから、昔ながらの屋台では、中華そば、おでん、鉄板料理(豚足、豚耳、ホルモン炒めなど)が3本柱になったんでしょうね。

 鉄板の上で塩コショウで炒めた豚足、豚耳がうまいのです。

 続いてはメザシ(450円)とナスビ(350円)を注文。

 屋台の外に置かれたコンロで焼いてくれるメザシは、6尾が1人前。お酒が進むつまみのひとつです。

 ナスビは、注文を受けてからナスビ1本を丸ごと使って作る「塩もみ」です。カツオ節をたっぷりとかけて出してくれるのがいいんですね。

 そして最後は、今日は半ラーメンではなくて、普通のラーメン(値段は変わらず500円)で〆。

「コショウは入っとらんけえの」

 と言いながら出してくれるラーメンは、しばらくお休みしていたいうことを感じさせない美味しさ。

 「一二三」の名物料理の数々を思いっきり堪能できた夜となりました。

(あとホルモン(750円)を食べると、おでん以外の料理を全品制覇できたのになあ。残念なり!)

141212j 141212k 141212l
焼酎(湯割り、水割り) / 豚耳 / メザシ

141212m 141212n 141212o
ナスビ / 献立 / 中華そば

店情報前回

《平成26(2014)年12月12日(金)の記録》

|

« カウンターでネギ焼き … お好み焼き「のぶ」(呉) | トップページ | 地元の魚に地元の熱燗 … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉)ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/60976489

この記事へのトラックバック一覧です: 名物料理をたっぷりと … 屋台「一二三(いちにいさん)」(呉):

» 地元の魚に地元の熱燗 … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 ひとり1,500円もあれば十分に飲み食いできるような大衆酒場は、呉にはほとんどないんだけれど、大衆食堂がその代わりになってくれています。  特に「森田食堂」、「くわだ食堂」、そしてお食事処「寿」の3軒は、いずれも午前中から中休みなしで夜まで営業していて、その間、いつでも酒を飲むことがでるという、呑兵衛にやさしい大衆食堂なのです。  土曜日の今日は、昼飲みと昼食を兼ねて、呉駅近くの「森田食堂」にや... [続きを読む]

受信: 2015.01.17 09:23

« カウンターでネギ焼き … お好み焼き「のぶ」(呉) | トップページ | 地元の魚に地元の熱燗 … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉)ほか »