« ランチサービスうな丼 … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) | トップページ | ちょい焼き対みそ焼き … やきとん「たつや」(沼袋) »

名物チョイ焼きで飲む … もつ焼き「ホルモン」(沼袋)

名物チョイ焼き


 「ホルモン」名物のチョイ焼き(130円)は、表面をあぶる程度に軽く火を通したモツ焼きに、刻み白ネギと、おろし生姜しょうがをたっぷりと添えて、醤油しょうゆをかけたもの。

 チョイ焼きにすることができるのは、レバとコブクロの2品のみ。

 一緒に出してくれる割箸わりばしで、チョイ焼きのモツを串から抜き、ネギや生姜とともにいただくんですね。

 この店では、昔からレバ刺しやコブクロ刺しなどの、いわゆるモツ刺しメニューはなくて、その代わりにこのチョイ焼きがあったんです。

 ちょっとだけ炙ったモツの、なんと美味しいことよ。

 今日は小瓶のビール(サッポロ黒ラベル、350円)から始めて、つまみはレバとコブクロのチョイ焼き(各130円)を1本ずつとお新香(120円)です。

 さっと出されるお新香は、言ってみればお通しの代わりのようなもので、ほとんどの常連さんが、まずまっ先に注文する一品です。今日は白菜とキュウリの漬物。

 「宇ち多゛」(立石)のメニューもシンプルですが、この店のメニューもとてもシンプル。目の前に出される伝票に並んでいるのは、酒1級(400円)、酒2級(300円)、焼酎(250円)、ビール大(520円)、ビール小(350円)、もつやき(120円)、チョイ焼き(130円)、煮込み(350円)、お新香(120円)、冷やっこ(270円)、トマト(270円)、ジュース(150円)、焼酎割り(390円)という13項目のみで、注文をすると、ここに「正」の字が記入されていきます。

 そのモツ焼きは、はつ(しんぞう)、がつ(胃袋)、たん(した)、たま(こうがん)、かしら(ほほ肉)、なんこつ(のど骨)、こぶくろ(子宮)、ひも(腸)、れば(かんぞう)、てっぽう(直腸)、まめ(じんぞう)、オッパイ(ミルクタンク)、あぶら(アブラ)、チレ(ひぞう)、ヒラ(中間)の15種類に、モツ以外の、はんぺん、うずら、生揚げ、ピーマン、しいたけ、ねぎの6種類が加わって全21種類。それぞれタレ焼きと塩焼きが選べます。

 小瓶のビールに続いて、焼酎(250円)を注文すると、受け皿付きのコップに表面張力までいっぱいの甲類焼酎(サッポロ)と、サントリー角瓶のボトルに入れられた梅風味調味料が出されます。この調味料を少し垂らして、梅割り焼酎にするんですね。

 タン、カシラ、オッパイの3品(各120円)を塩焼きでお願いすると、希少部位の卵付きコブクロとタン下も一緒に出してくれました。

 最近、オッパイが入手困難になっているんだそうです。なにしろ、ここ10年ぐらいでモツ焼き屋さんが増えましたもんねえ。

 梅割り焼酎をもう1杯いただいて、1時間半ほどの滞在。変わらぬ「ホルモン」の味を満喫しました。どうもごちそうさま。

141209g 141209h 141209i
もつ焼き「ホルモン」 / 焼酎梅割り / もつやき(塩)

店情報前回

《平成26(2014)年12月9日(火)の記録》

|

« ランチサービスうな丼 … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) | トップページ | ちょい焼き対みそ焼き … やきとん「たつや」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/60922459

この記事へのトラックバック一覧です: 名物チョイ焼きで飲む … もつ焼き「ホルモン」(沼袋):

» よく焼いたチョイ焼き … もつやき「ホルモン」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 東京オリンピックの年、昭和39(1964)年に創業したもつ焼きの老舗、通称「沼袋ホルモン」にやってきた。  この店はもともと、阿佐ヶ谷駅北口の「阿佐ヶ谷ホルモン」を起点とする、「ホルモン」グループの沼袋店として創業した。  現在の店主は、二代目の菊池正彦(きくち・まさひこ)さん。  菊池さんのお父さん(初代)は、「阿佐ヶ谷ホルモン」で修業をした後、「高円寺ホルモン」に移り、その後、昭和39年に開... [続きを読む]

受信: 2015.12.22 08:09

« ランチサービスうな丼 … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) | トップページ | ちょい焼き対みそ焼き … やきとん「たつや」(沼袋) »