« 店情報: 小春橋「田野(たの)」(呉) | トップページ | たつみ横丁の中に移転 … おでん「かわすじ」(新広@呉市) »

盆と正月が一緒に来た … 小春橋「田野(たの)」(呉)など

小春橋 田野


 呉に勤務しているころに、ぜひ行ってみたいと思いながら、行けなかったお店の1軒が、ここ、「小春橋 田野」です。

 堺川にかかる小春橋のたもとにあるから「小春橋 田野」っていうんでしょうね。

 「こはるばし たの」。語呂もいいですよね。

 ここは、和と洋(仏)を融合した、独創的な「おまかせフレンチ」のお店。

 基本的に予約制のコース料理のみで、カウンター席(11席)だと3,500円、奥の座敷席(8席)だと4,500円です。

 我われ4人はカウンターの角をはさんで2人ずつ座ります。

 そして今日のコースは『エビのクリーム煮のパイ添え』から始まって、『大根と白子の餡かけ』、『マグロとアボガドの山葵わさび味噌風味』、『里芋とくわいの味噌煮』、『フォアグラ、鶏肉、お餅、菊芋きくいものピューレ』、『安納芋あんのういものスープがけ洋風茶碗蒸し』、『イシガレイのポアレ、ヒラタケのソテー、バルサミコソース』、『牛肉の赤ワインソースのオニオングラッセ、芥子菜からしなサラダ添え』、『サトウキビのシャーベット』という9品。

 言っときますが、これで3,500円ですからねえ。1品あたり、平均390円ですよ!

 この圧倒的なコストパフォーマンスと、味の素晴らしさが評判で、ぜひ行ってみたいと思っていたのでした。

 でも今日は、呑兵衛が4人集まっちゃったので、シャンパンは飲むは、おまかせのワインは飲むはの大盤ぶるまい。

 お勘定は4人で38,100円(ひとり当たり9,525円)と、料理代の3,500円に対して、飲み代がその1.7倍以上の6,025円という結果となりましたが、松山での学会から呉に帰ってきたばかりのO先生がスパッと支払ってくれました。どうもありがとうございます。

 今日は昼食も、安浦の「うな重一番」で、大きな白焼きを食べてから、うな重を食べるという大ぜいたく。(詳細は→こちら

 『盆と正月が一緒に来た』というのは、まさにこういうことを言うんですね。

 大満足、大満腹、そして大酩酊の1日となりました。

141214a 141214b 141214c
エビのクリーム煮のパイ添え / シャルル・デュ・ロワ / 大根と白子の餡かけ

141214d 141214e 141214f
シャブリ / マグロとアボガドの山葵味噌風味 / シャトー・ラ・フルール・カザン

141214g 141214h 141214i
フォアグラ、鶏肉、お餅、菊芋のピューレ / 安納芋のスープがけ洋風茶碗蒸し / 牛肉の赤ワインソースのオニオングラッセ

141214j 141214k 141214l
ブルゴーニュ・シャルドネ・レ・ミュレル / サトウキビのシャーベット / コーヒー

・「うな重一番」の店情報前回) / 小春橋「田野」の店情報

《平成26(2014)年12月14日(日)の記録》

|

« 店情報: 小春橋「田野(たの)」(呉) | トップページ | たつみ横丁の中に移転 … おでん「かわすじ」(新広@呉市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/61017614

この記事へのトラックバック一覧です: 盆と正月が一緒に来た … 小春橋「田野(たの)」(呉)など:

« 店情報: 小春橋「田野(たの)」(呉) | トップページ | たつみ横丁の中に移転 … おでん「かわすじ」(新広@呉市) »