« この場所で5年が経過 … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | 名物チョイ焼きで飲む … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »

ランチサービスうな丼 … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪)

ランチサービスうな丼


 今年の7月からブラジルに単身赴任して、食べたくても食べられなかったものの一つがうなぎ。

 サンパウロやリオデジャネイロなどの都会であれば、もしかすると食べられるのかもしれないけれど、私が住んでるレシフェでは、うなぎは見たこともありません。

 一時帰国したら、絶対にうなぎを食べなきゃと思っていたのです。

 今日は、開店時刻の正午に、荻窪駅北口にある、うなぎの「川勢」にやってきました。

 店主が暖簾のれんを出すのと同時に、店の前で開店を待っていた先客3人と一緒に入店。1階カウンター席の中央あたりに陣取ります。

「串焼きは昼もたのめるんですか?」

「はい。大丈夫ですよ」

「それじゃ、ひとそろいと燗酒(450円)をお願いします」

 よっしゃぁ~っ。昼はランチサービスうな丼(1,200円)しかないのかと思っていたら、ちゃんと、うなぎ串焼きも食べられるんですね。

 うなぎ串焼きで、まずはひとしきり飲んでから、ランチサービスうな丼で〆ることにします。

 『ひと揃い』というのは、この店のうなぎ串焼きのうち、ひれ焼(220円)、きも焼(220円)、ばら焼(220円)、八幡焼(350円)、れば焼(220円)、串巻(220円)の6本(合計1,450円)を焼いてもらうこと。

 まずは『ひと揃い』から注文するというのが、この店でうなぎ串焼きを注文する際の定番でもあります。

 ちなみに、昼の営業時(正午から午後2時まで)は、ランチサービスうな丼が基本のようで、黙って座るとランチサービスうな丼が用意される様子。お客さんは、「大盛りで」とか、「私はごはんを少なめにしてね」と、ごはんの量だけを指定しているようです。

 だから、昼から飲みたい場合には、席に着くなり、なるべく早めにその意思を表明することが大切です。

 さあ、まず出てきた串焼きは、ひれ焼、きも焼、ばら焼の3本。

 とにかく、ひれ焼が好きなんです。うなぎの背ビレと腹ビレを、ニラと一緒に串に巻いて焼いたもの。サクッとしているのにジューシーなのがいいんですね。

 きも焼は、うなぎの内臓のうち、レバー(肝臓)以外の部位を串に刺して、たれ焼きにしたもの。一般的な居酒屋で、うなぎの肝焼きなどの名称で売られているのがこれですね。お酒によく合う一品です。

 ばら焼は、うなぎの腹骨を集めて焼いたもの。腹骨のまわりに付いている身がうまいんだ。

 続いては八幡巻。長さ方向に細く切った身(片身を3~4等分ぐらいに切ったもの)を、ごぼうに巻いて、たれ焼きにしたもの。うなぎと、ごぼうの相性がいい一品は、1本350円と、この店の串焼きの中では高級品です。

 れば焼は、うなぎのレバー(肝臓)だけを串に刺して焼いたもの。うなぎ1尾に2個(一対)しかないので、この1串を作るには10尾ぐらいのうなぎが必要です。まっ先に売り切れてしまうのが、このれば焼で、それ以降はあるものだけの『ひと揃い』になります。

 串巻は、八幡巻と同じく、長さ方向に細く切った身そのものを、うねるように串に刺して焼いたもの。いわゆる『くりから焼』ですね。通常は、たれ焼きで出してくれますが、塩焼きでもおいしい一品です。

 これで『ひと揃い』は終了ですが、うな丼の前に、もうちょっと食べたい気分。

 この店のうなぎ串焼きの中で、『ひと揃い』に入っていないのは、えり焼(220円)、はす焼(220円)、短冊焼(350円)の3品。

 えり焼は、うなぎの頭のうち、硬い先端部分以外の肉を串に刺して焼いたもの。『かぶと焼』という名前で出している店も多い、うなぎならではの一品です。

 はす焼は、縦方向に細長く切った蓮根のまわりに、ヒレを巻きつけて塩焼きにしたもの。これもうまいんですよねえ。

 短冊焼は、ひと口大にカットした、うなぎの蒲焼串です。

 えり焼を注文して、燗酒もおかわりします。

 そのえり焼が出てきたところで、ランチサービスうな丼も注文。

 ここのうな丼は、白焼きにして蒸し終えた状態でスタンバイされているので、そこから先、焼き上がるまでは、それほど多くの時間はかかりません。それでも店内が満席になっている今は、ある程度の時間は必要なので、ちょっと早めに注文しておいた次第です。

 さあ来た。うな丼だ。

 ここのうな丼は、お吸い物と漬物が付いて、夜の営業時(午後5時から売り切れまで)は1,500円。これと同じものが、昼間はサービスで1,200円になるのです。

 東京らしく、とろりと軟らかく蒸しあがったうなぎがいいではありませんか。

 熱々のごはんの上にのっているから、うなぎがなかなか冷めないのもいいんですよねえ。

 うな丼そのものも、もちろん酒の肴にしながら、ちびちびといただきます。

 あぁ、昼間っから幸せじゃのぉ~っ!

 1時間ちょっと楽しんで、お勘定は3,770円でした。どうもごちそうさま。

141209a 141209b 141209c
うなぎ「川勢」 / 燗酒 / ばら焼、きも焼、ひれ焼

141209d 141209e 141209f
八幡巻 / 串巻、れば焼 / えり焼を追加

店情報前回

《平成26(2014)年12月9日(火)の記録》

|

« この場所で5年が経過 … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | 名物チョイ焼きで飲む … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/60915188

この記事へのトラックバック一覧です: ランチサービスうな丼 … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪):

» プリッと鰻の短冊焼き … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 この店の「うなぎ串焼き ひと揃い」は、串巻(220円)、八幡巻(350円)、きも焼(220円)、ひれ焼(220円)、ばら焼(220円)、れば焼(220円)の6本で、1,450円。  今日は「ばら焼」が売り切れていたのか、代わりに「短冊(たんざく)焼」(350円)が出された。(「ひと揃い」の合計金額も、その分アップして、1,580円となる。)  短冊焼というのは、うなぎの身を短冊状に切って串に刺し... [続きを読む]

受信: 2016.01.18 20:42

« この場所で5年が経過 … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) | トップページ | 名物チョイ焼きで飲む … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »