« 店情報: うなぎ串焼「くりから」(中井) | トップページ | 日本でカイピリーニャ … カクテルラウンジ「日登美(ひとみ)」(新井薬師前) »

鰻業界のサラブレッド … うなぎ串焼「くりから」(中井)

〆丼(しめどん)


 平成25(2013)年11月25日の創業から1年ちょっと。すでに予約なしでは入れないほどの人気店となっているのが、中井にあるうなぎ串焼きの店「くりから」です。

 店主の鈴木規純(すずき・のりよし)さんは、中野の老舗うなぎ串焼き店、「川二郎」の創業店主の孫で、二代目店主・鈴木正治さんのおい

 そんな『うなぎ串焼き業界のサラブレッド』として生まれた上に、うなぎ問屋「小林川魚」で4年、さらに中野「川二郎」で8年の修業を積んだあと、満を持して開店したのが、この「くりから」なのです。

 燗酒2合(秋田の「高清水」750円)をもらって、つまみはやっぱり「まずはひととおり三点盛」(690円)ですね。

 『ひととおり』というのは、うなぎ串焼き店では定番的なメニューで、うなぎの各部位を焼いた串が5~6本出されます。よほどの常連さん以外は、まずはこの『ひととおり』を注文するのがお約束。

 ここ「くりから」でもそれは同じですが、その本数が3本(くりから250円+肝焼240円+ひれ200円)と、他の店に比べると敷居が低い。

 その分、自分の好きな串をいろいろと食べることができるし、たとえば2軒めとしてやって来た場合でも、お腹に無理がないのがいいですよね。

 生の状態から、きっちりと焼き上げてくれるうなぎ串焼きがうまいなあ。作り置きした串を温めるのとはまったく違います。

 「川二郎」系列店(「川二郎」「川勢」「味治」「くりから」)では定番の「きゃべつ」(200円)ももらって、串焼きはエリ(220円)、レバー(230円)、皮(200円)を追加。皮(=うなぎの皮)がうまいんだよなあ。

 東京の三大串焼きは、うなぎ串焼き、もつ焼き、そして焼き鳥だと私は思っている。

 特に、うなぎ串焼きと、もつ焼きとは、東京ならではの、東京だけの名物料理と言っていい。

 うなぎ串焼きにしても、もつ焼きにしても、元はと言えば、捨ててしまうような部位を、寄せ集めて串に刺して焼いたもの。

 そんな捨ててしまうような部位を、鮮度のいい状態で、毎日毎日、十分に客に提供できる量を仕入れることができるのは、大都会・東京だからこそ。

 そして、その捨ててしまうような部位が、手間ひまかけて仕込まれて、きっちりと焼きあげられると美味しいこと!

 うなぎ串焼きや、もつ焼きにはまってしまうと、うなぎの身そのものや、豚肉そのものの味わいが、なんだか単調(部分ごとの味や食感の違いが少なくて同質の味わい)に感じてしまうほど。

 ここ「くりから」も含めて、うなぎ串焼き店は、どこもたいてい行列ができる人気店なのも十分に納得できる。

 最後に「〆丼しめどん」(920円)という、小ぶりのうな丼をもらって、文字どおりしめとします。この〆丼の量が絶妙だ。まさに呑兵衛向きの〆のご飯ものだなあ。

 1時間半ほど楽しんで、今日のお勘定は3,160円でした。どうもごちそうさま。

 ちなみに、規純さんが独立して抜けたあとの「川二郎」は、二代目店主・鈴木正治さん(現在は「味治」の店主)の長女・平山晴恵(ひらやま・はるえ)さんが切り盛りされています。規純さんとは、いとこ同士ですね。

 そういえば、同じく「川二郎」での修業を経て独立された、荻窪「「川勢」の店主・鈴木康治さんも、やっぱり「鈴木さん」なんだけど、もしかするとご親戚なのかな?

141225g 141225h 141225i
高清水(燗)2合 / くりから / 肝焼

141225j 141225k 141225l
ひれ / きゃべつ / エリ、レバー、皮

店情報 (「川二郎」での前回

《平成26(2014)年12月25日(木)の記録》

|

« 店情報: うなぎ串焼「くりから」(中井) | トップページ | 日本でカイピリーニャ … カクテルラウンジ「日登美(ひとみ)」(新井薬師前) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/61339215

この記事へのトラックバック一覧です: 鰻業界のサラブレッド … うなぎ串焼「くりから」(中井):

» 一時帰国の締めくくり … うなぎ串焼「くりから」(中井) [居酒屋礼賛]
 2ヶ月弱の一時帰国を終えて、明日は再びブラジルへと出発。  夕方までに荷造りも終えたので、妻と二人で、うなぎ串焼きを食べに行くことにする。  現在の時刻は、ちょうど「くりから」が開店する午後5時。  店に電話してみたところ、「予約席はいっぱいです。カウンターは到着順になります」という返事。さすが人気店だなあ。  「くりから」に到着したのは5時半ごろ。すでにカウンター席もいっぱいで、席が空いたら電... [続きを読む]

受信: 2015.07.02 08:43

« 店情報: うなぎ串焼「くりから」(中井) | トップページ | 日本でカイピリーニャ … カクテルラウンジ「日登美(ひとみ)」(新井薬師前) »