« 店情報: 酒庵「酔香(すいこう)」(押上) | トップページ | 煮込み豚足でホッピー … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

楽しい呑兵衛の忘年会 … 酒庵「酔香(すいこう)」(押上)

酒米のおにぎり


スカイツリー 古典酒場編集長の倉嶋紀和子さん、元・日経BP局長で、今は文化人タレントとしてご活躍中の渋谷和宏さんと3人で、押上にある日本酒バー「酔香」で忘年会。

 〆に出されたのが、山形県産の「出羽燦々」という酒造好適米で作った「酒米のおにぎり」(2個300円)。

 酒米は「食べると不味い」と聞いていたんだけれど、とてもうまい!

 「酔香」の店主・菅原雅信さんは、日経レストランの元編集長。

 平成21(2009)年に日経BP社を早期退職され、翌2010年5月にこの「酔香」をオープンしたんだそうです。

 築50年以上の2階建て酒屋を改装したという建物も渋いですねえ。

 倉嶋さんも渋谷さんも、実際にお会いするのは久しぶりなんだけれど、倉嶋さんは「酒とつまみと男と女」(BSジャパン)で、渋谷さんは「シューイチ」(日本テレビ)や「まるわかり! 日曜 ニュース深掘り」(BS-TBS)などでお顔を拝見しているので、あまり久しぶりといった感じがしない。

 お二人とも、とても楽しい呑兵衛なので、笑いが絶えることがない。

 そしてお酒がおいしい、料理がおいしい。

 なにしろ、ずらりと並ぶ日本酒は、すべてが1杯(1/2合)400円。1合徳利でもらっても700円。3種飲み比べセットが900円というんだから飲みやすい。

 料理だって、季節の食材を使った「お通し6種盛り」(1,000円)から始まって、「自家製くんせい盛り合わせ5種」(800円)や、大阪風「紅ショウガ入り玉子焼き」(500円)、コーヒーの味わい!?「奈良漬けマスカルポーネ」(300円)などなど。ほとんどの品が300~600円なんだから嬉しいではありませんか。

 午後6時半から11時過ぎまで、5時間近くも大いに楽しんで、今日のお勘定は3人で18,900円。ひとり当たり6,300円(←ものすごく飲み食いしたのにこの値段で、満足度はとっても高い!)でした。どうもごちそうさま。

 お忙しいなか、ありがとうございました。>倉嶋さん、渋谷さん

141226a 141226b 141226c
酒庵「酔香」 / お通し6種盛り / 自家製くんせい盛り合わせ5種

141226d 141226e 141226f
ユキノヤマト、遊穂、菊鷹 / 飲み比べ3点セット / 紅ショウガ入り玉子焼き

141226g 141226h 141226i
次なる飲み比べ3点セット / 「寳剱(ほうけん)」 / 自家製「鶏ハム」

141226j 141226k 141226l
イクラ入り「生ゆば」 / 「角右衛門」 / 「賀儀屋」と「東郷」

141226m 141226n
最後にハートランドをもらって / 「酒米のおにぎり」で〆

店情報

《平成26(2014)年12月26日(金)の記録》

|

« 店情報: 酒庵「酔香(すいこう)」(押上) | トップページ | 煮込み豚足でホッピー … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/61384090

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい呑兵衛の忘年会 … 酒庵「酔香(すいこう)」(押上):

« 店情報: 酒庵「酔香(すいこう)」(押上) | トップページ | 煮込み豚足でホッピー … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »