« 煮込み豚足でホッピー … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) | トップページ | 飲んだ後はここで〆る … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) »

キチジの開きで菊正宗 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

吉次開き


 北日本の高級魚、キチジ(吉次、=キンキ)。

 今日の「竹よし」のメニューには、そのキチジが並んでいます。

 『吉次開き』(800円)。

 生のときのふっくら感、やわらかさは失われるものの、干物にすることで旨みが増し、身の弾力感も強くなる。

 つまり、酒のさかなとして、ぴったりの状態になるんですね。

 今日はその吉次開きを注文しておいて、お酒は「菊正宗」(1合350円)をかんでいただきます。

 チビチビと燗酒を飲みながら待つことしばし。

 焼きあがってきた吉次開きは、予想どおりのプリップリ感。そして予想以上のあぶらののり。このジューシーさはどうよ! やっぱり旬のものは違うね。

 他にも「高清水」(冷酒300ml、600円)や「一ノ蔵」(樽酒1合、600円)、『ちくちゃんちのねぎのごまあえ』(250円)をいただいて、じっくりと2時間ほどの滞在。お勘定は2,600円でした。どうもごちそうさま。

141227g 141227h 141227i
「竹よし」 / 「一ノ蔵」樽酒 / ちくちゃんちのねぎのごまあえ

店情報前回

《平成26(2014)年12月27日(土)の記録》

|

« 煮込み豚足でホッピー … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) | トップページ | 飲んだ後はここで〆る … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/61407216

この記事へのトラックバック一覧です: キチジの開きで菊正宗 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» 魚、魚、魚で日本酒を … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)ほか [居酒屋礼賛]
 今日は行きつけの魚料理の店、「竹よし」の納会の日。  もとはと言えば、『残っている食材を始末し、飲みかけのお酒(一升瓶)を飲み干して、新たな気持ちで新年を迎えよう』という趣旨で始まったんだけど、今はこの「納会」自体がビッグイベントのようになっていて、この日のために食材を仕入れたり、お客さんたちもとっておきのお酒を持ち寄ったりするようになったのでした。  「行きつけ」といいつつも、ここ5年ぐらいで... [続きを読む]

受信: 2015.05.10 22:47

« 煮込み豚足でホッピー … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) | トップページ | 飲んだ後はここで〆る … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) »