« ハゲの造りを肝醤油で … 「鳥乃家(とりのや)」(呉) | トップページ | やおぎも煮をつまみに … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) »

宴会のあと、ひとりで … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉)

店主・森貞さん


 仕事関係の懇親会のあと、ひとりでバー「アンカー」にやってきた。

 同じ仕事関係の宴会でも、たとえば昨夜のように、「ブラジル関係者が集まって飲もう!」といったような有志の集いは楽しいのだが、偉い人(=役職の高い人)たちがずらりとそろうような場は苦手だ。

 けっこういい店(=客単価が高い店)で、いい料理が出て、いいお酒が出るんだけれど、気を使うことのほうが多くて、純粋に料理やお酒を楽しむことができないからだ。

 もともと人見知りな性格なので、知らない人が多い場は、緊張してしまって楽しめない。

 だから、そういう飲み会が終わると、がっくりと疲れてしまうのだ。

 まるで今の今まで、ずっと仕事が続いていたような感じ。

『さあて、これからひと飲みして帰るとするか!』

 そんな思いで、バー「アンカー」の扉を開けたのだった。

「いらっしゃいませ」

 オーナー・バーテンダーの森貞さんの笑顔に、早くも癒(いや)されながら席につき、まずは『ウイスキー部門』(500円)をストレートでもらう。

 『ウイスキー部門』は、森貞さんが決めた特定のウイスキーを、おひとり様1ショット限り、500円で提供してくれるという、「アンカー」のサービス・ドリンクだ。

 ボトルが空くと、次のウイスキーが、新しい『ウイスキー部門』になる。

 この『ウイスキー部門』を飲み続けていると、日ごろ、自分では飲まないウイスキーをいろいろと飲んでみることができるのがいいのだ。

 今日の『ウイスキー部門』は、「グレン・ドロナック(Glen Dronach)12年」。ハイランドで造られた、シングルモルトのスコッチウイスキーだ。通常の販売価格は1ショットが900円。それがほぼ半額(500円)で飲めるのがうれしい。

 バー「アンカー」に来ると、まずこの『ウイスキー部門』から始めて、2杯めに、季節のフルーツ・カクテルをもらうのが常(つね)。

 今日のおすすめのフルーツ・カクテルは「金柑(きんかん)ジントニック」(1,000円)とのこと。さっそくそれを作ってもらう。

 1時間半ほどくつろいで、今日のお勘定は、チャージ(チャーム付き、500円)も含めて2,000円だった。どうもごちそうさま。

Img_1817s Img_1818s Img_1822s
グレン・ドロナック12年 / チャーム(お通し) / 金柑ジントニック

店情報前回 / 同じ日の「MUITO BRASIL」)

《平成27(2015)年1月8日(木)の記録》

|

« ハゲの造りを肝醤油で … 「鳥乃家(とりのや)」(呉) | トップページ | やおぎも煮をつまみに … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/61676173

この記事へのトラックバック一覧です: 宴会のあと、ひとりで … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉):

» 西瓜のソルティドッグ … BAR「ANCHOR(アンカー)」(呉) [居酒屋礼賛]
 呉に来たら、ぜひ寄っていきたい店が何軒もある。  しかし今日は日曜日なので、定休日の店も多いのが残念でならない。  でも大丈夫。絶対に行きたかった「BAR ANCHOR」は、日曜日も開いている。 「こんばんは」  と店内に入ると、まだ早い時間(午後7時20分)だからか先客はなし。 「いらっしゃいませ」  と迎えてくれたオーナーバーテンダーの森貞さんを見て驚いた。トレードマークだった長髪がすっきり... [続きを読む]

受信: 2016.07.14 22:20

« ハゲの造りを肝醤油で … 「鳥乃家(とりのや)」(呉) | トップページ | やおぎも煮をつまみに … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) »