« 上海ガニで締めくくる … 中華料理「珍味閣(ちんみかく)」(八丁畷) | トップページ | 今年も元日はやっぱり … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

魚、魚、魚で日本酒を … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)ほか

「竹よし」納会


 今日は行きつけの魚料理の店、「竹よし」の納会の日。

 もとはと言えば、『残っている食材を始末し、飲みかけのお酒(一升瓶)を飲み干して、新たな気持ちで新年を迎えよう』という趣旨で始まったんだけど、今はこの「納会」自体がビッグイベントのようになっていて、この日のために食材を仕入れたり、お客さんたちもとっておきのお酒を持ち寄ったりするようになったのでした。

 「行きつけ」といいつつも、ここ5年ぐらいで見ると、3年近く呉に単身赴任していたり、ここ半年ぐらいはブラジルに単身赴任していたりして、来れる機会がグンと減っているのが残念です。

 ビールで乾杯し、あらかじめ用意されていた竹輪(ちくわ)や蒲鉾(かまぼこ)などの練りものをつまみに飲んでいるところへ、まず出されたのは刺身の盛り合わせです。

 ブラジルでもマグロとサーモンの刺身は、割りと普通に食べることができるのですが、刺身そのものの取り扱い方や、醤油やワサビなどが違うのか、日本で食べるほどの美味しさが出ないんですよねえ。

 おいしい日本酒が多いということも、日本の魚料理をよりおいしく感じさせる大きな要因なんだろうな。日本酒と魚料理は、本当に好相性だ。

 あん肝炒め、魚介鍋、ワカサギのフライ、エイヒレの炙り、カマス塩焼き、アジ一夜干し、イカ丸焼きと、怒涛のごとく出される魚、魚、魚。

 魚介類を調理する方法が、バラエティに富んでいるというのも、日本の大きな特徴でしょうね。日本酒が進む進む。

 午後5時の開店時刻から、10時過ぎまで、たっぷりと5時間以上楽しんだところで腰をあげ、すぐ近くの博多ラーメン「ばりこて」に移動。

 ひとくちめんたい(160円)でお茶ハイ(380円)を飲んでいるところへ、さっきまで「竹よし」を手伝っていたちくちゃんたちも合流。

 最後に博多ラーメン(650円)をいただいたところで、「ばりこて」の年内の営業は終了。新年は1月8日(木)からの営業だけれど、その前にスープを作り始めないといけない店員さんたちは、6日(火)から仕事を始めるんだそうです。とんこつスープって、そんなに時間がかかるんですね!

 「ばりこて」の前で、逆方向に帰るちくちゃんを見送って、ふぢもとさん、直(なお)ちゃんとトコトコと帰宅方向に歩きながら、都立家政駅近くのバー「宵(YOI)」(→BAR-NAVI)へ。

 ここには以前、「エンジェル(ANGEL)」というバーがあったのですが閉店し、平成26(2014)年5月1日に、居抜きの形でバー「宵」がオープンしたんだそうです。

 アイラモルト「アードベッグ(Ardbeg)10年」をいただいて、今年の酒場めぐりを締めくくったのでした。

141230a 141230b 141230c
「竹よし」 / 刺身と練りもの / 続々と日本酒

141230d 141230e 141230f
鶏大根煮 / あん肝炒め / 魚介鍋

141230g 141230h 141230i
乾き物も魚介系 / 落花生 / ワカサギのフライ

141230j 141230k 141230l
エイヒレの炙り / カマス塩焼き / 百合根(ゆりね)

141230m 141230n 141230o
白菜漬 / アジ一夜干し / イカ丸焼き

141230p 141230q 141230r
「ばりこて」 / ひとくちめんたいでお茶ハイ / 博多ラーメン

141230s 141230t 141230u
残ったスープでお茶ハイ / 帰り道に「Bar宵」 / アードベッグで〆

・「竹よし」の店情報前回) / 「ばりこて」の店情報前回

《平成26(2014)年12月30日(火)の記録》

|

« 上海ガニで締めくくる … 中華料理「珍味閣(ちんみかく)」(八丁畷) | トップページ | 今年も元日はやっぱり … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/61571107

この記事へのトラックバック一覧です: 魚、魚、魚で日本酒を … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)ほか:

» 呑んだあとはラーメン … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草)ほか [居酒屋礼賛]
 お酒を飲んだあと、無性に食べたくなるのがラーメンだ。  それも、とんこつラーメンが無性に食べたくなる。  これは、学生時代を博多で過ごしたことの影響によるものと思われる。  この『呑んだあとラーメン』は、体重増加の主役と言ってもいいぐらいなので、日本にいる間は、極力、控えるようにしていた。  でもねえ。ブラジルの、私が住んでる北東部の街・レシフェには、ラーメン屋がないし、ラーメンを出すお店もない... [続きを読む]

受信: 2015.05.20 09:30

» 呑んだあとはラーメン … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草)ほか [居酒屋礼賛]
 お酒を飲んだあと、無性に食べたくなるのがラーメンだ。  それも、とんこつラーメンが無性に食べたくなる。  これは、学生時代を博多で過ごしたことの影響によるものと思われる。  この『呑んだあとラーメン』は、体重増加の主役と言ってもいいぐらいなので、日本にいる間は、極力、控えるようにしていた。  でもねえ。ブラジルの、私が住んでる北東部の街・レシフェには、ラーメン屋がないし、ラーメンを出すお店もない... [続きを読む]

受信: 2015.06.01 10:27

» 献杯後のクールダウン … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政)ほか [居酒屋礼賛]
 今日は鷺ノ宮「ペルル」の創業店主・古川実(ふるかわ・みのる)さんの命日。  「ペルル」の常連さんたちに混ざって、「ペルル」で献杯したあと、ひとりでフラフラと「ばりこて」にやってきた。  午後11時前の店内(カウンター席のみ)には先客はなし。  いちばん端っこの席に座り、芋焼酎ロック(400円)と、ひとくちめんたい(160円)を注文する。  「ペルル」で献杯……、と軽く書いたが、午後5時に始まった... [続きを読む]

受信: 2015.07.22 08:37

« 上海ガニで締めくくる … 中華料理「珍味閣(ちんみかく)」(八丁畷) | トップページ | 今年も元日はやっぱり … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »