« 呑んだあとはラーメン … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草)ほか | トップページ | 店情報: 「鳥乃家(とりのや)」(呉) »

赤なまこを食べないと … おでん・おばんざい「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)

赤なまこ


 なまこ。ブラジルでは見たことがないなあ。あるんだろうか?

 なまこは冷たい海の中で活動するので、冬が旬。海水温度が16℃より高くなると、エサをとるのをやめ、深場に落ちて夏眠してしまうんだそうな。

 料理店では、赤なまこ、青なまこ、黒なまこといった品書きで登場するが、実はすべて同じ「まなまこ」。

 赤なまこは磯場などの岩礁地帯でとれ、青なまこは内湾の砂泥地にいる。黒なまこは、青なまこの中でも、黒っぽいもののことを呼ぶそうだ。エサの違いが体色の違いになったようだ。

 味は赤なまこが一番いいと言われている。

 就職してしばらく、広(ひろ、呉市広町)の独身寮にいたとき、先輩の中にひとり、ものすごく「なまこ」の好きな人がいた。

 冬場の夕方になると、「なまこ食べにいこう」と声がかかったり、先に店に行っていて、その店から「なまこ食べにおいでよ」と電話がかかってきたりするぐらい、なまこ好きな先輩だった。

 いつも決まった店に行くんだけれど、その店が寮からは歩くと20分ぐらいかかる広交差点の近くだった。なんていう店だったか覚えていないのが残念だ。

 食べ方はいつも酢の物。「なまこ酢」だ。

 コリッとした弾力感に続いてやってくる、とても淡白な海っぽい感じがいいんだな。

 今日の「魚菜や」の品書きに、「赤なまこ」がある。

 ブラジルから一時帰国している間に食べたいものとして、刺身や煮魚、焼き魚などは気に留めていたが、「なまこ」のことはすっかり忘れてたなあ。

 それぐらい地味な存在なんだけど、あれば必ず食べたい。

 その赤なまこの酢の物。今日は、最近、呉の呑兵衛たちの間で人気急上昇中の「賀茂金秀(かもきんしゅう)」(東広島)の冷酒を合わせた。

 午後8時頃、呉に到着したばかりの今日は、ホテルにチェックインもしないまま、まっすぐにここ「魚菜や」にやってきた。

 大常連のU先生や、船会社のIさんとの話も弾んで、2時間ほどの酒場浴。お勘定は2,100円だった。どうもごちそうさま。

150106a 150106b 150106c
「魚菜や」 / まずは生ビール / お通しのブリ大根

150106d 150106e 150106f
七草がゆ / 賀茂金秀・冷酒 / 今日のお品書き

店情報前回 / 同じ日の「MUITO BRASIL」)

《平成27(2015)年1月6日(火)の記録》

|

« 呑んだあとはラーメン … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草)ほか | トップページ | 店情報: 「鳥乃家(とりのや)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/61636139

この記事へのトラックバック一覧です: 赤なまこを食べないと … おでん・おばんざい「魚菜や(ぎょさいや)」(呉):

» 10月末に女将が引退 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) [居酒屋礼賛]
 「魚菜や」にやってくると食べたいのが自慢のおでん。  ここのおでんは、透きとおった出汁の関西風の味付けと、真っ黒で甘みが強い関東風の味付けの両方が楽しめるのだ。  特におすすめなのはスジ(牛スジ)とガンス。  スジは近くの花本肉店から、ガンスは広(ひろ)の岡本蒲鉾店から仕入れたものだ。  どちらも原価率が高く、売れれば売れるほど損をするぐらいの品。  店主であり女将の小栗良江さんは、味にこだわり... [続きを読む]

受信: 2016.10.10 09:54

« 呑んだあとはラーメン … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草)ほか | トップページ | 店情報: 「鳥乃家(とりのや)」(呉) »