« 絶!おまかせおつまみ … 魚料理「みはる食堂(みはるしょくどう)」(野方) | トップページ | 赤なまこを食べないと … おでん・おばんざい「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »

呑んだあとはラーメン … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草)ほか

生にんにくラーメン


 お酒を飲んだあと、無性に食べたくなるのがラーメンだ。

 それも、とんこつラーメンが無性に食べたくなる。

 これは、学生時代を博多で過ごしたことの影響によるものと思われる。

 この『呑んだあとラーメン』は、体重増加の主役と言ってもいいぐらいなので、日本にいる間は、極力、控えるようにしていた。

 でもねえ。ブラジルの、私が住んでる北東部の街・レシフェには、ラーメン屋がないし、ラーメンを出すお店もない。

 ブラジルに住んでいて、一番もの足りないのが、『呑んだあとラーメン』がないことなのである。

 だから! こうして日本に一時帰国している間は、体重増加のことなんか1ミリも考えないで、いきますねえ、『呑んだあとラーメン』!

 今日は、午後4時に、阿佐ヶ谷「川名」からスタート。まさに『よじかわ』(=開店時刻の午後4時から「川名」で飲むこと)である。

 スモークサーモン(432円)と、焼鳥3本をつまみに、生グレープフルーツサワー(411円)を2杯。焼鳥3本の内訳は、皮にんにく串(173円)、豚トロ串(130円)、そして手羽中串(216円)だ。

 何度も書くけど、日本の焼鳥は、その繊細さと、品質の高さと安定度がすばらしい。

 繊細さというのは、仕込みの繊細さ、焼きの繊細さ、味付けの繊細さのこと。

 品質の高さと安定度は、1串1串の、もののバラツキ、焼き加減のバラツキがものすごく少なくて、高いレベルでそろっているということである。

 逆にいうと、海外のレストランなどで、肉料理を注文すると、同じ料理、同じ値段なのに、出てくるものの大きさや外観、焼き加減に、かなり当たり外れがあったりするのだ。それもまた、おもしろいところではあるけどね。

 注文したのは、それだけなんだけど、今日はカウンター中央の、店主・川名茂さんの正面に陣取ったので、メニューには載っていない、スパイシーサラミ&クリームチーズとワイン(勝沼のぶどう酒)や、アンチョビ豆腐などを、冷蔵ケース越しに出してくれて、お酒がどんどん進んでしまう。

 2時間弱で失礼し(お勘定は1,881円)、次に向かったのは、新年は、今日から営業の「竹よし」だ。

 今日の手伝いはリエちゃん。そのリエちゃんが、故郷・新潟から「鶴の友」を買ってきてくれていた。ありがとう!

 まずはビール(サッポロラガー=赤星、500円)をもらって、ブリカマ焼き(800円)を注文。

 大きなブリカマ焼きが出てきたところで、冷蔵保存している「黒松剣菱」(500円)を、あえて燗酒にしてもらう。冷酒はブラジルにもあるけれど、おいしい燗酒はブラジルにはないもんね。

 新潟出身、自らも日本酒好きのリエちゃんが、絶妙な燗加減(上燗!)で、燗をつけてくれた。

 常連の、“ごはん君”が注文したのは「たらんこ鍋」。たら鍋(800円)と、あんこう鍋小(1,000円)のいいとこ取りをした、ごはん君の創作品なんだそうな。今後、定番になるかもね。

 「黒松剣菱」の燗酒をおかわりしたりしているうちに、店内はほぼ満員になってきたので、私はお勘定をして(2,800円だった)、次に向かうことにする。

 この時点で、午後9時半。ぼちぼちと〆のラーメンに向かいますか。

 すぐ近くの「ばりこて」は1月8日(木)からの営業ながら、「御天」は今日からの営業ということで、電車(西武新宿線)で二駅の、下井草へ。

 岩佐社長や、お店のみなさんに新年のごあいさつをして、まずはやっぱり焼酎の静岡茶割り(430円)だ。

 そば屋に入って、いきなりそばを食べることがないのと同じように、博多ラーメン屋に入って、いきなりラーメンを食べるのは「博多天神」チェーンに行ったときぐらい。

 「御天」や「ばりこて」では、まずは必ず飲む。ひとしきり飲んでから、〆にラーメンなのである。

 ここに来ると、これまた必ずといっていいぐらい注文する、せん菜炒め(550円)は、さすがにまだ入荷なし。代わりに、ざく切りキャベツ(200円)をもらう。

 ざく切りキャベツは、博多の焼き鳥屋でよく出てくるような、ざく切りのキャベツに、ポン酢がかかったもの。これがまた、いいつまみになるのだ。

 そして、そのお茶割りを飲み干すころに、満を持して「生にんにくラーメン」(800円)を、“ばりかた”で注文。

 う~ん。この強烈な豚骨臭さが「御天」ですねえ。

 そして、極細のこの麺!

 一時帰国を終えて、ブラジルに戻ったら、絶対に食べられない味だ。

 午後11時前まで、ゆっくりと楽しんで、今日のお勘定は1,450円でした。どうもごちそうさま!

150103a 150103b 150103c
「川名」生グレープフルーツサワー / スモークサーモン / サラミ&チーズと葡萄酒

150103d 150103e 150103f
豚トロ串、皮にんにく串 / 手羽中串 / アンチョビ豆腐

150103g 150103h 150103i
「竹よし」 / ブリカマ焼きと赤星 / 黒松剣菱の燗酒

150103j 150103k 150103l
「御天」 / ざく切りキャベツ、静岡茶割り / 今日はないけど、せん菜炒め

・「川名」の店情報前回) / 「竹よし」の店情報前回) / 「御天」の店情報前回) / 同じ日の「MUITO BRASIL

《平成27(2015)年1月3日(土)の記録》

|

« 絶!おまかせおつまみ … 魚料理「みはる食堂(みはるしょくどう)」(野方) | トップページ | 赤なまこを食べないと … おでん・おばんざい「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »

コメント

今日は

浜田さんのこのブログよく拝見しております。 アメリカに30年ほどすんでいるので、 日本の飲み屋が恋しくなると、 このブログに行き着くというのが定番になってしまいました。

私の出た日本の大学が御茶ノ水にあったので、 神田界隈、 そして大学を卒業して勤めた会社が銀座にあったので、 銀座の裏通りの飲み屋などには、 週三の頻度で行っていたのですが、 浜田さんのブログ面白いですよ。

アメリカには日本のような気軽に行ける飲み屋街などないので、 このブログに出てくるようなものを食べたくなると、 自分で作るということになり、 浜田さんの写真が結構参考になります。

今度、 暇ができた時に銀座の裏通りあたりに立寄ってみませんか?

投稿: 清水 敏美 | 2015.05.22 23:43

コメント、ありがとうございます。>清水 敏美さま

銀座の裏通り。ものすごく気になっているエリアなのですが、なんだか敷居が高く感じてしまい、あまり探索できていません。

私も、昨年(2014年)からブラジルに赴任中なので、今は気軽に日本の酒場に行くことができないのが残念です。

こちらに赴任している間は、海外にいて改めて感じる、日本の酒場のいいところを見つけていきたいと思っています。

今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿: 浜田信郎 | 2015.06.01 10:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/61616566

この記事へのトラックバック一覧です: 呑んだあとはラーメン … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草)ほか:

» まずは刺身小盛り合せ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 午後5時過ぎ。開店直後の「竹よし」にやってきた。  1軒めとしてこの店に来た場合、定番のように注文するのが「刺身(小)盛り合せ」(650円)だ。  この店には、普通の「刺身盛り合せ」(1,000円)と「刺身(小)盛り合せ」の2種類の盛り合せメニューが存在している。  普通の「刺身盛り合せ」は、その日のおすすめ刺身5種×3切れずつ(合計15切れ)程度を盛り合わせてくれる。  「刺身(小)盛り合せ」... [続きを読む]

受信: 2015.07.06 03:52

» たっぷりとマーボ豆腐 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 呑兵衛につきものの酒の肴(さかな)といえば、豆腐。  そのまま冷やっこで食べるもよし、ゆで冷ましたニラをのせてニラ豆腐にするもよし。寒い季節であれば湯豆腐やタラ豆腐なんてのも最高のつまみだ。  ここ「川名」には湯豆腐というメニューはないんだけれど、そのかわりにマーボ豆腐(519円)がある。  ひとり用の土鍋にたっぷりと出されるマーボ豆腐は、「普通の麻婆豆腐」(?)を想像してはいけない。  かたく... [続きを読む]

受信: 2015.07.18 21:07

« 絶!おまかせおつまみ … 魚料理「みはる食堂(みはるしょくどう)」(野方) | トップページ | 赤なまこを食べないと … おでん・おばんざい「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »