« 魚、魚、魚で日本酒を … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)ほか | トップページ | 店情報: 魚料理「みはる食堂(みはるしょくどう)」(野方) »

今年も元日はやっぱり … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

祝い酒


 今年も元日はやっぱり「川名」の奥座敷からスタートです。

 ここ「川名」は、『元日だから特別に開けている』のではなくて、盆も正月も、そしてゴールデンウイークも、粛々(しゅくしゅく)と普段どおりに、月火定休で営業してくれているのです。

(その代わりに年に何度か、『バケーション』と呼ばれる10日間ほどの連続休業日があります。)

 もともと精肉業にたずさわっていた店主・川名茂(かわな・しげる)さんが、ここに焼鳥「川名」を開店したのは昭和46(1971)年6月のこと。今年で創業46年となります。

 昭和が終わるころ(昭和63(1988)年2月)に、呉から東京に転勤してきた私が、初めて「川名」にやってきたのは、それから13年後の平成13(2001)年8月のことでした。

 東京に来た当初から、ここに焼鳥屋があることは把握していたのです。

 ただ、間口が狭い(うなぎの寝床のように奥に向かって長い造り)のと、店頭で焼いている焼鳥を、そのまま販売していることもあって、ずいぶんと長いあいだ『店頭販売の焼鳥屋さん』というイメージしかなかったのでした。

 そんなある日、この店の中にも席があって、そこが酒場になっていることがわかった。で、意を決して入ってみたところ、これが思わぬ名大衆酒場だった(失礼!)のでした。

 その後、今に至るまで14年間、ズゥ~ッと通い詰めていることは、このブログにも記録しているとおりです。

 でも「川名」の大常連さんたちから見ると、まだまだヒヨッ子ぐらいの経歴ですね。

 「川名」の大常連さんの中には、その昔、阿佐ヶ谷駅北口で名をはせた「ホルモン」(通称「阿佐ヶ谷ホルモン」)の常連さんだった人が多い。

 この「阿佐ヶ谷ホルモン」こそが、その昔、東京西部地区で一世を風靡(ふうび)した、「ホルモン」グループの総本山だったのです。

 今でいう「秋元屋」グループや「四文屋」グループのような感じでしょうか。

 「ホルモン」グループで、現在も残っているお店は、沼袋の「ホルモン」と、練馬の「金ちゃん」です。

 つまり、名店と呼ばれた「阿佐ヶ谷ホルモン」を愛するようなお客さんが、そのまま流れてきて「川名」に居ついちゃったってことなんです。

 ちなみに、「川名」の定休日(月・火)に、「川名」の常連さんたちが向かう先は、荻窪の「やきや」です。なんとなく共通点が浮びあがってきますね。

 そんな「川名」に、私が元日から来るようになったのは平成16(2004)年のこと。このときは、大晦日元日二日と、3日間連続で、ひとりでやってきました。

 翌、平成17(2005)年は、にっきーさん、熊さんと3人で、野方の「PURE(ピュアー)」(2008年末に閉店)から、同じく野方の「秋元屋」と回って、3軒めに「川名」にやってきたものでした。この年は「秋元屋」も元日営業してたんですね。

 それ以来、「川名」が定休日(月・火)じゃない限り、『元日には飲み仲間と「川名」で飲む』というのが定番として根付いてきたのでした。

 「川名」での元日飲みを始めたころは、『元日から飲むなんて!』みたいな風潮のほうが強くて、少なくとも元日は店もすいていたものですが、今はもう、元日から「超」が付くほどの満席状態です。

 ブラジルに単身赴任している今年も、年明けからこうして飲み仲間と一緒に飲めて、本当に良かった。毎年、ありがとうございます。>みんな&川名さん

Img_1629a Img_1602b Img_1608c
焼鳥「川名」 / 元日のホワイトボードメニュー / もやし炒め(195円)

Img_1609d Img_1610e Img_1611f
ぽてとサラダ(238円)?! / 下仁田ねぎ焼(195円) / 焼ジャガバター(303円)

Img_1612g Img_1614h Img_1615i
生かき(432円) / トマト玉子焼(411円) / 酢たこ、あんきも、かつおたたき

Img_1616j Img_1618k Img_1619l
玉子たくあん焼(411円) / 山芋ねぎチーズ(346円) / 焼き餅(サービス)

Img_1622m Img_1624n Img_1626o
伊野さんのサラミ / 白ワイン(サービス) / ロゼワイン(サービス)

店情報前回

《平成27(2015)年1月1日(木)の記録》

|

« 魚、魚、魚で日本酒を … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)ほか | トップページ | 店情報: 魚料理「みはる食堂(みはるしょくどう)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/61586792

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も元日はやっぱり … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷):

» 呑んだあとはラーメン … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草)ほか [居酒屋礼賛]
 お酒を飲んだあと、無性に食べたくなるのがラーメンだ。  それも、とんこつラーメンが無性に食べたくなる。  これは、学生時代を博多で過ごしたことの影響によるものと思われる。  この『呑んだあとラーメン』は、体重増加の主役と言ってもいいぐらいなので、日本にいる間は、極力、控えるようにしていた。  でもねえ。ブラジルの、私が住んでる北東部の街・レシフェには、ラーメン屋がないし、ラーメンを出すお店もない... [続きを読む]

受信: 2015.05.20 09:30

» 呑んだあとはラーメン … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草)ほか [居酒屋礼賛]
 お酒を飲んだあと、無性に食べたくなるのがラーメンだ。  それも、とんこつラーメンが無性に食べたくなる。  これは、学生時代を博多で過ごしたことの影響によるものと思われる。  この『呑んだあとラーメン』は、体重増加の主役と言ってもいいぐらいなので、日本にいる間は、極力、控えるようにしていた。  でもねえ。ブラジルの、私が住んでる北東部の街・レシフェには、ラーメン屋がないし、ラーメンを出すお店もない... [続きを読む]

受信: 2015.06.01 10:27

« 魚、魚、魚で日本酒を … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)ほか | トップページ | 店情報: 魚料理「みはる食堂(みはるしょくどう)」(野方) »