« 色で注文するカクテル … カクテルラウンジ「日登美(ひとみ)」(新井薬師前) | トップページ | たっぷりとマーボ豆腐 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

店主の趣味は食べ歩き … ラーメン「GOMA(ごま)」(沼袋)

湯麺(トンミン)


 1軒めでお腹をふくらませて、2軒めでちょっと強めのお酒をいただいたあとは、いよいよ〆のラーメンである。

 今日は沼袋の、『キング・オブ・飲んだあとラーメン』で有名な「GOMA」に行くことにする。

 この店に一人で来たのは今日が初めてだなあ。

 カウンター席の一角に座り、まずは紹興酒(1合瓶500円)をロックでもらって、つまみはセロリの酢の物(300円)を選択。セロリは目の前で千切りにして、その場で作ってくれる。

 ピリ辛なのが、ものすごくうまい! これはいい!

 ちょうど目の前が厨房なので、店主ともお話をしながら食べ進む。

 この店の飲み物は紹興酒とビールしかないのかと思ってたんだけど、店主によると、なんでもあるそうだ。そういえば、バックバーの棚には焼酎も日本酒も、いろいろと並んでるなあ。次の機会には、ぜひそれらも飲んでみることにしよう。

 ここ「GOMA」には、定番のメニューに加えて、日替りのメニューが用意されている。今日はアスパラと鶏肉の炒めものだそうだ。

 店主は食べ歩きが趣味で、そのために、店の定休日も毎月3日、13日、23日と「3」が付く日になっている。

「定休日を曜日で決めると、定休日が重なる店には行くことができないんですよ。3が付く日にしておくと、曜日がばらつくので、あちこちに行けるんです」

 とのこと。その食べ歩きの成果が、日替りメニューに生きてくるのである。

 さあ。〆のラーメンにしますか。

 ここには『キング・オブ・飲んだあとラーメン』と言われる湯麺(トンミン、480円)のほか、炒葱麺(ネギソバ、600円)や四川風湯麺(800円)、香麺(850円)、つけ麺(600円)、冷し中華(850円)。そして「裏18番」(500円)と言われるメニューもある。

 この店は、麺も自家製。

 「裏18番」は、その自家製麺を、もりそば風に楽しめる一品なんだそうな。すっごく引かれたが、久しぶりにきたので、基本の湯麺(トンミン)をいただく。

 黄金に透き通ったスープの中にあるのは、ネギと少量のひき肉。

 このシンプルなラーメンが、ものすごく美味いんだ。

 午後11時前まで、1時間ちょっとの滞在。今日のお勘定は1,280円でした。どうもごちそうさま。

Dscn4479s Dscn4484s Dscn4485s
ラーメン「GOMA」 / 紹興酒ロック / セロリの酢の物

Dscn4482s Dscn4483s
メニュー(9番が日替り) / 麺のメニュー

店情報前回

《平成26(2014)年5月2日(金)の記録》

|

« 色で注文するカクテル … カクテルラウンジ「日登美(ひとみ)」(新井薬師前) | トップページ | たっぷりとマーボ豆腐 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/61878315

この記事へのトラックバック一覧です: 店主の趣味は食べ歩き … ラーメン「GOMA(ごま)」(沼袋):

» チャーシューで芋焼酎 … ラーメン「GOMA(ごま)」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 この店に前回来たときに、メニューには書かれていないけど、焼酎や日本酒など、いろいろなお酒がそろっているというお話をうかがった。  今日はさっそく、芋焼酎「黒白波」をロックでもらって、つまみにはチャーシュー(500円)を選ぶ。  このチャーシューが、なんと自家製なんだそうな。  なにしろここの店主は料理が好きなので、どの料理をいただいても、はずれがない。  中野の「路傍」で飲んだあと、酔い覚ましも... [続きを読む]

受信: 2015.08.08 20:42

« 色で注文するカクテル … カクテルラウンジ「日登美(ひとみ)」(新井薬師前) | トップページ | たっぷりとマーボ豆腐 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »