« ミルク割り、いいね! … 「愛知屋酒店(あいちやさけてん)」(新杉田) | トップページ | 毎日のように入り浸る … 「はまや食堂」(杉田) »

呑兵衛にとって理想的 … 「はまや食堂」(杉田)

食器が12個!


 日替わりでその内容が変わる特別定食を注文して、それをつまみにお酒を飲むことを、私は『大衆食堂のフルコース』と呼んでいる。

 この大衆食堂のフルコースを終えると、その食器は冒頭の写真のような状態になる。

 小皿が2個、小鉢が3個、主菜用の皿が1個、ごはん用の丼、みそ汁用のお椀、デザート用のガラス器、ビールのグラス、酒のグラス(常温用)、そして最後に出されるお茶用の湯飲み。ぜんぶで12個もある。

 いつもは次の料理を出してくれるときに、空いている食器は下げてくれるのだが、お客が多かった今日は、その余裕もなかった様子。

 おかげで、初めてすべての食器を、1枚の写真におさめることができた。

 ご夫婦二人で切り盛りするこの食堂は、ご主人が厨房で料理に専念し、女将さんがそれ以外のすべてを取り仕切る。

 店は十数人も入れば満席状態になるのだが、人気店ゆえに、夜の営業時間中は、いつも満席に近い状態が続いているのだ。

 ご主人は、それこそ休む間もなく料理を作り続けているのだが、なにしろ一人なので、料理ができあがるのに時間がかかることも多い。

 そこでおすすめなのが、大衆食堂のフルコースという食べ方なんだ。

 普通に特別定食を注文すると、そのすべてが一つのお盆にのった状態で、どんと出される。

 ところが、特別定食を注文すると同時に、ビールなどの飲み物を注文し、「ごはんと味噌汁はあとから出してください」とお願いしておくと、特別定食用のおかず(副菜2品と主菜1品)ができた順に、順番に出してくれるのだ。

 呑兵衛にとっては、この出方は、とっても理想的だ。

 熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちにと、1品ずつ順番に食べることができる。

本日のおすすめ 今日も特別定食(980円)を「ごはんは小(20円引き)で、あとで出してください」と注文し、大瓶ビール(キリンラガー、480円)をもらう。

 すぐに出される大瓶ビールとお通し(サービス)の枝豆。

 その枝豆を食べ終えるタイミングで、副菜のひとつ、ブロッコリーが出される。

 ゆで冷ましたブロッコリーを、レタスと一緒に小鉢に盛って、マヨネーズを添えただけのシンプルな一品。

 でもこの店のブロッコリーは、ゆで加減が絶妙で、いつもおいしい。

 ゆで過ぎてクタクタになることもなく、ゆで足りなくて硬いこともなく、ちょうどいいアルデンテのブロッコリーなのである。

 そのブロッコリーがなくなる頃合いで、主菜の「茄子(なす)の肉巻フライ」が、揚げたて熱々の状態で出される。

 なるほど、そうきましたか!

 残るもう1品の副菜は大根煮付け。

 いつもビールのあとには日本酒を注文しているので、大根煮付けは日本酒用に後にして、ビールが残っている間に、ビールによく合う揚げ物を出してくれたんですね。

 こんなにお客が多いのに、ご主人もよく見てるよなあ。

 この店は、厨房からも(全体ではないけれど)客席が見えるようになっているのです。

 茄子の肉巻フライは、縦方向にスライスした茄子を豚肉で巻いて、衣をつけて揚げた一品。これにレモンと、お好みでソースをかけていただく。

 熱々のあいだに茄子の肉巻フライを食べ終えると、いよいよ満を持して、大根煮付けの登場だ。それに合わせて日本酒(小)(「爛漫」、280円)を「冷や(=常温)」でもらう。

 大根煮付けというものの、具材は大根だけではない。厚揚げ、さつま揚げ、いんげん、にんじん、こんにゃくと具だくさんで、ミニおでんといった感覚の一品なのだ。

 最後にライスセットを出してもらって〆る。

 今日の味噌汁は豆腐、若布、大根、とろろ昆布が入っていて、これもまた日本酒に合う。

 そして特別定食にだけついてくるデザートの果物はメロン。

 ゆっくりと1時間半ほどの晩酌タイム。今日のお勘定は1,720円でした。どうもごちそうさま!

Dscn4653s Dscn4654s Dscn4656s
枝豆でビール / ブロッコリーサラダ / 茄子(なす)の肉巻フライ

Dscn4657s Dscn4658s Dscn4660s
大根煮付け / 美酒「爛漫(らんまん)」(冷や) / ライスセットと果物

店情報前回

《平成26(2014)年5月21日(水)の記録》

|

« ミルク割り、いいね! … 「愛知屋酒店(あいちやさけてん)」(新杉田) | トップページ | 毎日のように入り浸る … 「はまや食堂」(杉田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/62318711

この記事へのトラックバック一覧です: 呑兵衛にとって理想的 … 「はまや食堂」(杉田):

» 毎日のように入り浸る … 「はまや食堂」(杉田) [居酒屋礼賛]
 毎週木曜日の夜は、なにか特別なことがない限り、基本的に「はやま食堂」である。  『自称 日本一ラーメンを食べた男』として知られるラーメン評論家の大崎裕史(おおさき・ひろし)さんによると、「ラーメン好きには、新店ができたと聞けばすぐに出かけるコレクタータイプと、お気に入りの店に通うリピータータイプがいる」そうだ。  それと比較すると、酒場好きのほとんどは、自分のお気に入りの店に通い続けるリピーター... [続きを読む]

受信: 2015.10.06 04:40

« ミルク割り、いいね! … 「愛知屋酒店(あいちやさけてん)」(新杉田) | トップページ | 毎日のように入り浸る … 「はまや食堂」(杉田) »