« ブラジルから帰国して … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 殻付きのおでんの玉子 … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) »

10周年、おめでとう! … 小料理「燗酒屋(かんざけや)」(阿佐ヶ谷)

燗酒屋


 「燗酒屋」の創業は、平成17(2005)年12月17日(土)。今がちょうど10周年である。

 10年間、変わることなく、和服に割烹着姿の女将おかみが、ひとりで切り盛りしている。

 酒もさかなもおいしくて、値段も高くないことから、創業直後からいつも満席状態が続く人気店となり、一人で行っても入れないことが多かった。

 ダメ元で店内をのぞいてみると、今日は数席が空いていて、久しぶりに入ることができた。

 しかし、私のあとにやってきたカップルは、「空いているお席は予約が入っているんです。ごめんなさい」と断られていたので、私が座れたのは、まさにかろうじて空いていた1席だったようだ。

 店名にもなっている燗酒を「白鷹はくたか」で注文すると、「用意していたお通しがなくなりましたので、こちらで」と出してくれたのは「大根の皮のきんぴら」(品書き上の値段は380円)。

 絶妙な温度で出される「白鷹」の燗酒もすばらしいのだが、大根の皮が驚くほどうまいねえ!

 自慢の料理は、毎日、店内の黒板に手書きされる。今宵の品書きは次のとおり。

『活〆・平鱸ひらすずきの薄造り(江戸前)980、生馬刺(福島・会津)980、極上・〆鯖しめさば(神奈川・松輪)800、活〆・たこブツ刺(神奈川・佐島)780、まぐろと長芋の小鉢550、極上・明太子おろし480、大根の皮のきんぴら380、鶏手羽のやわらか煮450、じゃこと豆腐のサラダ500、自家製・ぬか漬460、ヤリイカと秋野菜の天ぷら880、生桜海老のかき揚750、ぎんなんの素揚550、鶏の竜田揚680、豚ときのこの玉子とじ750、アサリの酒蒸し680、かぶ油揚あぶらあげの炊合せ750、牡蠣かきの味噌小鍋880、黒ムツの煮付900、銀ダラの西京焼880、牡蠣かきの磯串焼880、納豆巾着きんちゃく焼550』

 目移りすることこの上なしのラインナップだ。

 この黒板メニューに加えて、飲みもののメニューと、張り紙メニューとして『おむすび270、へぎそば680、季節野菜の味噌汁270』という食事メニューが出されている。

 そしてもう1枚、「とりあえず」と注記された張り紙メニューが『前菜三点盛480』だ。

 なるほど、これはいい。

 その前菜三点盛(480円)を注文すると、鶏手羽煮、マグロ刺、冷やっこの三点盛りが出された。

 2本めの燗酒として、島根・出雲の「天穏てんおん 特別純米 かおる」をもらう。

 1時間半ほど楽しんで、今日のお勘定は2,180円だった。ごちそうさま!

Img_3964b Img_3966b Img_3970b
燗酒 / 大根の皮のきんぴら / 前菜三点盛

店情報前回

《平成27(2015)年12月2日(水)の記録》

|

« ブラジルから帰国して … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 殻付きのおでんの玉子 … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) »

コメント

『燗酒屋』10周年おめでとうございます。長く続くお店は、良いお店の証。お客様も女将さんも良い御仁でしょう。これからも升升繁盛されることをお祈りいたします。

投稿: 大越龍一郎 | 2015.12.12 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/62854332

この記事へのトラックバック一覧です: 10周年、おめでとう! … 小料理「燗酒屋(かんざけや)」(阿佐ヶ谷):

« ブラジルから帰国して … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 殻付きのおでんの玉子 … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) »