« 葛飾産・小松菜うどん … 「四ツ木製麺所(よつぎせいめんじょ)」(京成立石) | トップページ | よく焼いたチョイ焼き … もつやき「ホルモン」(沼袋) »

限定・どじょう柳川鍋 … うなぎ串焼き「くりから」(中井)

どじょう柳川鍋


 平成25(2013)年11月25日に開店した「くりから」。先月、創業2年を迎えた。

 そんな「くりから」の店主のブログ「うなぎ串焼 くりから日誌」に、『どじょうをどうじょ!』という記事が載ったのは、私がまだブラジルにいた11月23日のこと。

 「12月1日より、あったかメニューとして『どじょう鍋』を始めたいと思います」というのがその内容。

 小さな固形燃料を使って、目の前で仕上げて食べるスタイルらしい。

『常夏のブラジルには鍋ものは向かないが、冬の日本だと美味しいだろうなあ。帰国したら食べにいかなくっちゃ』

 ブラジルにいるときから、そう思っていたのである。

 そして今日! その「くりから」にやって来て、ホッピーセット(390円)と、まずはひととおりの三点盛り(690円)をいただいたあと、念願の「どじょう柳川鍋」(980円)を注文したのだった。

 このどじょう柳川鍋。1日限定10食のみ。

 注文を受けてからドジョウを開いて中骨を取り、ささがきごぼうや豆腐、えのき茸などと一緒に、鉄鍋にはった割り下の中に投入する。

 それとは別の小鉢で、大量の刻みネギと、生卵が出され、固形燃料に着火。

「沸いたところで卵を溶き入れて仕上げてください。刻みネギはお好みで」

 鍋が沸くのを待つ間に、おしんこ(200円)も追加注文し、「中」(なか、追加焼酎、250円)ももらって、チビチビと飲み進める。

 ひとり用の小鍋は、こうやって酒を飲みながらできあがりを待ってる間が、また楽しいんだなあ。

 おぉ~っ。沸いてきた沸いてきた。

 まず先に刻みネギをどっさりと投入して、またしばらく待つ。

 そしてもう一度、グツグツと沸きあがったところへ、溶いた生卵を回し入れたらできあがりだ。

 少しずつ小鉢に取って、山椒さんしょうの粉をふりかけながらハフハフといただく。

 ん~~っ。ドジョウの、しっかりとしたプリプリ感がいいね!

 身体の芯からポカポカに温まって、1時間40分ほどの滞在。今宵のお勘定は2,510円でした。どうもごちそうさま!

Img_4117d Img_4118d Img_4122d
「くりから」 / ホッピーセット / くりから

Img_4123d Img_4124d Img_4129d
キモ焼 / ヒレ / おしんこ

Img_4125d Img_4128d Img_4131d
どじょう柳川鍋 / 刻みネギを投入 / 溶き卵を回し入れたらできあがり

店情報前回

《平成27(2015)年12月5日(土)の記録》

|

« 葛飾産・小松菜うどん … 「四ツ木製麺所(よつぎせいめんじょ)」(京成立石) | トップページ | よく焼いたチョイ焼き … もつやき「ホルモン」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/62905891

この記事へのトラックバック一覧です: 限定・どじょう柳川鍋 … うなぎ串焼き「くりから」(中井):

« 葛飾産・小松菜うどん … 「四ツ木製麺所(よつぎせいめんじょ)」(京成立石) | トップページ | よく焼いたチョイ焼き … もつやき「ホルモン」(沼袋) »