« 限定・どじょう柳川鍋 … うなぎ串焼き「くりから」(中井) | トップページ | ゆでて冷ました豚レバ … やきとん「たつや」(沼袋) »

よく焼いたチョイ焼き … もつやき「ホルモン」(沼袋)

よく焼いたチョイ焼き


 東京オリンピックの年、昭和39(1964)年に創業したもつ焼きの老舗、通称「沼袋ホルモン」にやってきた。

 この店はもともと、阿佐ヶ谷駅北口の「阿佐ヶ谷ホルモン」を起点とする、「ホルモン」グループの沼袋店として創業した。

 現在の店主は、二代目の菊池正彦(きくち・まさひこ)さん。

 菊池さんのお父さん(初代)は、「阿佐ヶ谷ホルモン」で修業をした後、「高円寺ホルモン」に移り、その後、昭和39年に開店した「沼袋ホルモン」の店長として運営を任されるようになった。

 それから14年後の昭和53(1978)年に、「有限会社 もつ焼き ホルモン」として、「ホルモン」グループから独立し、今に至っている。

 「阿佐ヶ谷ホルモン」は、平成になってすぐぐらいに閉店し、「高円寺ホルモン」も今はない。

 練馬の「金ちゃん」や、今はなき鷺ノ宮の「鳥芳」も、「ホルモン」グループで修業し独立したもつ焼き店だ。

 中央線沿線、西武線沿線のもつ焼き、やきとんブームは今に始まったわけではなくて、昔からこういった数々の名店が下地を作ってきてくれたから成り立っているんだろうな。

 さて「沼袋ホルモン」。

 平行に向いあったカウンター12席(6席×2列)の一角に腰を下ろし、まずは小瓶のビール(サッポロ黒ラベル、350円)とお新香(120円)、そしてタン、ナンコツ、カシラ(各120円)を1本ずつ、塩焼きでお願いする。

 こうして平行カウンターの間に焼き台があるのも、「ホルモン」グループの特徴の一つだ。

 焼き手(=たいていは店主)は、焼き台でモツを焼き、この平行カウンターの間を移動して、それぞれの客に焼きあがったもつ焼きを提供してくれるのである。

 ビールを飲みきったところで焼酎(250円)をもらい、サントリー角瓶に入れられた梅風味の調味料をちょいと足して、梅割りにする。

 次なる焼きものは、コブクロとレバの『ちょい焼き』(各130円)を注文。

 かつては本当にちょっとだけ焼いて出してくれた一品だが、今はそうはいかない。

 素焼きでしっかりと焼き上げて皿に盛り、刻みネギと、おろしショウガをたっぷりと添える。これに醤油(しょうゆ)をかけたら完成だ。

 素焼きのモツを、たっぷりの刻みネギと一緒にショウガ醤油でいただくという、この味わいだけが、本当に『ちょい焼き』が出されていた時代の名残(なごり)だ。

 しっかりと焼いてても、この味つけは合うね!

 焼酎(250円)をおかわりし、続いてはタレ焼きを食べようと、ヒモ、ヒラ、テッポウという、「腸」三兄弟を注文する。ヒモが小腸、ヒラが大腸、テッポウが直腸。それぞれ食感が違うのがおもしろい。

 「ホルモン」グループのタレは、醤油がよく効いているのが特徴なんだけど、ここ「沼袋ホルモン」は、当代になってから、タレの味を少し甘め(=醤油を控えめ)にした。

 練馬「金ちゃん」のタレが昔ながらで、沼袋「ホルモン」のタレが今風。どっちの風味もそれぞれにいいところがあって面白いのだ。

 1時間半ほどの酒場浴。今日のお勘定は1,950円でした。どうもごちそうさま。

Img_4152a Img_4153a Img_4154a
「ホルモン」 / 小瓶とお新香 / たん、なんこつ、かしら

Img_4161a Img_4156a Img_4159a
焼酎 / たんした、はつした / てっぽう、ひら、ひも

店情報前回

《平成27(2015)年12月7日(月)の記録》

|

« 限定・どじょう柳川鍋 … うなぎ串焼き「くりから」(中井) | トップページ | ゆでて冷ました豚レバ … やきとん「たつや」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/62916031

この記事へのトラックバック一覧です: よく焼いたチョイ焼き … もつやき「ホルモン」(沼袋):

» もつだけのもつ煮込み … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 もつ焼き屋の楽しみのひとつが「もつ煮込み」の存在。  たいていのもつ焼き屋では、お通しが出されることはないので、出が速いもつ煮込みは、お通し代わりの「まず一品」的なつまみにもなるのだ。  しかし、どの店のもつ煮込みもけっこうボリュームがあるので、「もつ煮込みを食べるか」、それとも「もつ煮込みを食べるのをあきらめて、その分、もつ焼きをたくさん食べるか」を秤(はかり)にかけないといけない。  その結... [続きを読む]

受信: 2016.02.08 05:49

« 限定・どじょう柳川鍋 … うなぎ串焼き「くりから」(中井) | トップページ | ゆでて冷ました豚レバ … やきとん「たつや」(沼袋) »