« 店情報: スパイス&ハーブ居酒屋「やるき」(新中野) | トップページ | ちょいと一杯のはずが … やきとん「すっぴん酒場(すっぴんさかば)」(野方) »

ひと味違うもつカレー … スパイス&ハーブ居酒屋「やるき」(新中野)

やるき牛もつ煮込み(480円)


 『もつカレー』というと、「沼袋たつや」や、武蔵小杉の「文福」、行ったことはないけれど清水の「金の字」などが頭に浮かぶ。

 これらの『もつカレー』は、いずれもとろりとした一般的なカレーの具材として、もつが入っているというもの。

 しかし、ここ「やるき」の『もつカレー』は、それらとはちょっと違う。

 さらりとした、言わばスープカレーのような『もつカレー』なのである。

 これは新しい食感だなあ。私は大好きだ。

 正式なメニューの名称は、「やるき牛もつ煮込み」(480円)。

 つまり、この店ではこの『もつカレー』が、標準的なもつ煮込みなのである。

 今日は料理研究家の伊野由布子(いの・ゆうこ)さんと、伊野さんおすすめのスパイス&ハーブ居酒屋「やるき」にやってきた。

 『スパイス&ハーブ居酒屋』なんていう肩書きの店は、初めて見た!

 店主のトニーさんは、なんとインド人。

 「やるき茶屋」で働いたあと、2011年に中野坂上にカウンター7席だけのカレー居酒屋「やるき」を開店。翌2012年末に、ここ新中野に移転し、1階・2階を合わせて40席の現在の店舗となった。

 1階カウンター上部の鴨居かもいには、透明な容器に入った各種スパイスやハーブがずらりと並んでいて、ほぼすべての料理にそれらが使われている。

 焼き鳥や玉子焼きも、スパイスがよく効いていてうまいぞ!

 飲んで食べて、お勘定も2人で3,918円(1人あたり1,959円)とリーズナブルだ。

 テレビなどで紹介されたこともあって、「超」がつくほどの人気店。

 それゆえに、この店の唯一の難点は、いつも満席で、予約しないと入るのがむずかしいということだろうな。

Img_4229a Img_4230a
黒ホッピーセット(430円) / まぐろとパクチーのカルパッチョ(350円)

Img_4232a Img_4236a
パクチーたまご焼き(350円) / 鶏レバー(手前)、砂肝(各180円)

店情報

《平成27(2015)年12月11日(金)の記録》

|

« 店情報: スパイス&ハーブ居酒屋「やるき」(新中野) | トップページ | ちょいと一杯のはずが … やきとん「すっぴん酒場(すっぴんさかば)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/62941753

この記事へのトラックバック一覧です: ひと味違うもつカレー … スパイス&ハーブ居酒屋「やるき」(新中野):

« 店情報: スパイス&ハーブ居酒屋「やるき」(新中野) | トップページ | ちょいと一杯のはずが … やきとん「すっぴん酒場(すっぴんさかば)」(野方) »