« 店情報: やきとん「豪(GO)」(中野) | トップページ | 〔コラム〕 一日一麺の日々が続いている »

常連さんに人気の品は … やきとん「豪(GO)」(中野)

上白刺


「この店は豚モツの刺身が美味しくて、いろんなメディアで紹介されていたんですよ」

 そう教えてくれるのは料理研究家の伊野由布子(いの・ゆうこ)さん。

 2015年6月12日から、これまでの「牛の肝臓」に加えて、「豚の食肉(内臓も含む)」の生食が禁止された。

 とは言うものの、豚の内臓のうち、もともと本当に生で出されていたのはレバ(肝臓)とチレ(脾臓)ぐらい。

 他の部位は、刺身として提供されるものであっても、あらかじめ下ゆで処理をしているので、実際には生ではない。

 今日も、そんな下ゆでをしたモツ刺身のひとつ、上白刺じょうしろさし(420円)とホッピー(セット450円)からスタート。

 チュルンととろけるようなやわらかさの上白刺がすばらしい。

 合わせて注文したハラミポンズ(420円)もプリッとした食感がいい。

豚ホルモン刺盛

 今ではもう食べることができないが、食べログには、上のような豚ホルモン刺盛(当時450円)の画像が紹介されている。これらが食べられていた時代にも来てみたかったなあ。

 この刺身が好きだった常連さんたちは困ってるんだろうなあ、と思って店主に聞いてみると、

「常連さんたちはポテチーズ(300円)や厚揚串(120円)を食べてますよ(笑)」

 と冗談っぽく話してくれた。

「じゃ、我われにもそのポテチーズと厚揚串をください」

 好奇心から注文してみると、この2品が予想外にすごい!

 ポテチーズは、ポテトチップスにチーズをトッピングして加熱し、ケチャップとコショーをかけたもの。つまみ始めると止まらない。

 厚揚げ串は、1センチ幅ぐらいにスライスした厚揚げ1個分を、そのまま串に刺して焼き上げたもの。出されるときは、ちゃんと1個の厚揚げの形をしている。おろしショウガと刻みネギが添えられているので、醤油をサッとかけて熱々をいただくのである。

 となりの人たちが食べていた、冬だけの「おでん」(各120円)もおいしそうだったなあ。

 お勘定は二人で2,500円ほどでした。ごちそうさま。

Img_4248b Img_4252b Img_4254b
ハラミポンズ / ポテチーズ / 厚揚串

店情報

《平成27(2015)年12月11日(金)の記録》

 1995年(ブログは2004年)より続く、掲載酒場数延べ約4000軒の飲み歩きサイト『居酒屋礼賛』が、ついに電子書籍となって登場!
 第一弾となる「立石編」(162円)では、居酒屋の聖地・立石で行くべきディープなお店を10軒厳選しました。

 立石駅に降り立ったら、この1冊(スマホ)片手に、千ベロのハシゴに挑戦!
 行きたいお店が決まったら、MAPリンクをポチッ。
 巻末には、立石エリアをまとめた便利なMAPもついているので、効率よくハシゴ酒を愉しめます!

|

« 店情報: やきとん「豪(GO)」(中野) | トップページ | 〔コラム〕 一日一麺の日々が続いている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63045642

この記事へのトラックバック一覧です: 常連さんに人気の品は … やきとん「豪(GO)」(中野):

« 店情報: やきとん「豪(GO)」(中野) | トップページ | 〔コラム〕 一日一麺の日々が続いている »