« 濃いめの角ハイボール … バー「ロックフィッシュ」(銀座) | トップページ | プリッとホルモン炒め … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »

改めて、みそきゅうり … 立呑み「やきや」(荻窪)

みそきゅうり


 八戸直送の新鮮なイカ料理が、ほぼ170円均一で食べられることで知られる荻窪「やきや」。

 今日はあえて、イカ料理以外のつまみの中から、「みそきゅうり」(170円)をご紹介したい。

 この料理、1本のキュウリの両端を切り落とし、縦方向に二つに切り分けて、味噌を添えただけのシンプルな一品。「もろきゅう」と同じようなもんだ。

 こんな簡単な料理が、これまたシンプルにうまいんだから恐れ入る。

 あれこれとイカ料理を食べてきて、そろそろ口の中をリフレッシュさせたいというときにピッタリなのだ。

 「秋元屋」を開店したばかりのころに、店主・秋元さんが「やきや」でこの「みそきゅうり」を食べて、「これはいい!」と、さっそく「秋元屋」のメニューにも取り入れた。

 秋元さんは、ご自身も大衆酒場好きで、あちこちの大衆酒場でいい料理を見つけると、すぐに「秋元屋」のメニューに取り入れて、我われに提供してくれるのだ。

 その後、「秋元屋」出身の人たちが、次々と、いわゆる『秋元系』と呼ばれるやきとん店をオープンしているが、たいていの店のメニューに、この「みそきゅうり」が載っている。

 みそきゅうり以外には、めかぶ、漬物、冷奴、うなぎきも焼、きざみ穴子、もつ煮込、串刺フランク(以上各170円)や、しめさば(270円)が、「やきや」のイカ料理以外のつまみである。

 ちなみにこの「しめさば」(270円)と「いかしょうが棒」(200円)の2品を除くと、残る20品の料理はすべて170円。だからこの記事の冒頭でも「ほぼ170円均一」とご紹介させていただいた。

 今宵はホッピー(320円)と、「いか大根」(170円)から始めて、ナカ(ホッピーの焼酎おかわり、160円)をもらって「いかなんこつ焼」(170円)。さらにもう1杯、ナカをもらって「みそきゅうり」(170円)で締めたのだった。

 1時間ちょっとの酒場浴。ソト1・ナカ3、料理3品で、今日のお勘定は1,150円なり。

 どうもごちそうさま!

Img_5342b Img_5343b Img_5344b
「やきや」 / いか大根 / いかなんこつ焼

店情報前回

《平成28(2016)年1月16日(土)の記録》

|

« 濃いめの角ハイボール … バー「ロックフィッシュ」(銀座) | トップページ | プリッとホルモン炒め … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63111770

この記事へのトラックバック一覧です: 改めて、みそきゅうり … 立呑み「やきや」(荻窪):

» いかみみ刺身わたあえ … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 今日は「いかみみ刺身わたあえ」をつまみにホッピーである。  実は「やきや」には、そんなメニューはない。  この料理を楽しむには、まずは名物の「珍味わたあえ」(170円)をいただく。  これはイカゲソを、イカワタ(イカの内臓)で和えたもので、イカワタの濃厚なコクと、イカゲソの弾力感が味わえる人気の一品なのだ。  そしてこの「珍味わたあえ」を食べ終わったあとに、「いかみみ刺身」(170円)をもらって... [続きを読む]

受信: 2016.05.17 21:20

« 濃いめの角ハイボール … バー「ロックフィッシュ」(銀座) | トップページ | プリッとホルモン炒め … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »