« 店情報: 郷菜ダイニング「えるもんど」(長洲) | トップページ | 馬刺し4点盛り合わせ … 郷菜ダイニング「えるもんど」(長洲) »

馬ヒモ串焼きで米焼酎 … 郷菜ダイニング「えるもんど」(長洲)

馬ヒモの串焼き


 馬ヒモの串焼き(1人前2本で400円)は、馬の腸かと思いきや、馬のあばらの間の肉を串焼きにしたもの。

 あばらに沿って肉をはずすと、ひも状の肉が取れることから「馬ヒモ」と呼ばれるんだそうな。

 この馬ヒモを、両端をピーマンでとめるようにして串に刺し、塩胡椒で味つけしながら、カリカリにならない程度に焼きあげている。

 熊本ならではの米焼酎の湯割りにもピッタリだ。

 今日は熊本の長洲ながすにやってきた。

 長洲は長洲でも、住宅街からは少し外れたエリアに来ているので、その近くにあるレストランは、ここ「えるもんど」1軒だけ。

 しかし、その「えるもんど」が、いつも地元の人たちで満席になるほどの人気店なのだ。

 今日も午後6時の開店直後に入ったら、カウンター6席は6時半までに、それぞれひとり客で埋まった。

 みんな、いきなり焼酎から始まるのが、熊本の土地がらなのかなあ。おもしろいなあ。しかもペースが速い速い。

 まわりのテーブル席や、奥の部屋にも続々と客が入ってきているようだ。

 この店の人気の理由は、メニューの種類が多いことではないだろうか。

 店の肩書きが「郷菜ダイニング」だけに、馬刺しをはじめとする「熊本郷土料理」がずらりと並んでいる。

 手作り辛子レンコン(500円)、桜納豆(450円)、だご汁(500円)、一文字ひともじのぐるぐる(400円)、馬ステーキ(1,400円)、肥後牛ステーキ(1,500円)、阿蘇高菜おにぎり(200円)などがそれ。

 よそからやってきた我われにとっては、これらのメニューはうれしい。

 一方で、日常的に「熊本郷土料理」を食べているであろう地元の人たちのためには、有明海の鮮魚料理や野菜料理、串焼き、中華料理、食事もの、鍋もの、そしてデザートまで、その数ざっと130種類。

 さらには、その日の日付入りの「本日のおすすめ」というメニューが20品ほどある。

 馬ヒモの串焼きも、その「本日のおすすめ」の中の一品だった。

 今日はのど潤しのキリンクラシックラガー中瓶(600円)と、お通しの「肉じゃが」から始めて、「手作り辛子レンコン」、「一文字のぐるぐる」という郷土料理をいただいたあと、飲みものを球磨焼酎(米焼酎)「しろ」(450円)の湯割りに切り替えて、「馬ヒモの串焼き」。

 最後の〆に、これまた郷土料理の「だご汁」をもらうと、「だご(平たくて太いうどんみたいなの)」の他に、里芋、じゃが芋、にんじん、ごぼう、鶏肉、油揚げ、干しシイタケなども入って具だくさん。ひとり用の鉄鍋で出してくれるのもいいね。

 午後8時まで、2時間近く楽しんで、今日のお勘定は3,150円。どうもごちそうさま。

えるもんど Img_5564a Img_5566a
「えるもんど」 / ビールとお通し(肉じゃが) / 手作り辛子レンコン

Img_5570a Img_5572a Img_5578a
一文字のぐるぐる / 米焼酎の湯割り / だご汁

店情報

《平成28(2016)年1月26日(火)の記録》

|

« 店情報: 郷菜ダイニング「えるもんど」(長洲) | トップページ | 馬刺し4点盛り合わせ … 郷菜ダイニング「えるもんど」(長洲) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63144899

この記事へのトラックバック一覧です: 馬ヒモ串焼きで米焼酎 … 郷菜ダイニング「えるもんど」(長洲):

» 馬刺し4点盛り合わせ … 郷菜ダイニング「えるもんど」(長洲) [居酒屋礼賛]
 いったん今夜の宿に戻ってひと休みしたあと、仕事を終えたS田さんと二人で、再び「えるもんど」へと向かう。このあと午後9時半ごろに、I和泉さん、S藤さんの2人が東京から到着し、この店で合流する予定なのだ。 「名物の馬刺しは、みんながそろってからにして、まずは普通のつまみで飲みましょう」  先ほどの、ひとりゼロ次会とはうって変わって、今度は奥の掘りごたつ席で、ポテトフライ(400円)、トマトの揚げ出し... [続きを読む]

受信: 2016.02.01 06:59

« 店情報: 郷菜ダイニング「えるもんど」(長洲) | トップページ | 馬刺し4点盛り合わせ … 郷菜ダイニング「えるもんど」(長洲) »