« 香箱ガニが食べたくて … 地酒「作(ざく)」(上石神井) | トップページ | 日本の味、月見つくね … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

どうしても鯉のうま煮 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽)

鯉のうま煮


 「こい」と「うなぎ」が二枚看板の赤羽「まるます家」。

 ここに来るときはいつも「今日は鯉にしようかなあ、それともうなぎにするかなあ」と悩む。赤羽までの電車の中で、いろんなパターンをシミュレーションしてみる。

 その挙句あげく、店に到着するころまでには「まず鯉で飲んで、最後にうな丼で〆るのがいいだろうな」という結論に、いつも到達する。

 で今日も、席に着くなり大瓶ビール(サッポロラガー、600円)をもらって、「鯉のあらい」(400円)と「鯉のうま煮」(800円)を注文した。

 鯉のあらいは、注文するとすぐに出てくるので、最初の一品としてちょうどいいのだ。

 その鯉のあらいを食べ終えるころに、ちょうど鯉のうま煮がやってくる。

 鯉の胴の部分を、背骨ごと内臓ごとうろこごとズドンと輪切りにして、醤油、酒、砂糖、味醂みりんでじっくりと煮込んだこの料理。

 最初にはしをのばすのは、お腹にある内臓だ。

 豚や牛のもつ煮込みがうまいのと同じように、煮込まれた鯉のもつもコクがあって、しかも部位ごとに食感や味わいが異なっていて、うまいことこの上なし。

 う~~ん。こいつはやっぱり燗酒だね。

 キュッとビールを飲み干して、東京都北区の地酒「丸眞正宗まるしんまさむね」(400円)をホットで注文する。

 よく煮込まれて硬く引き締まった身はもちろん、とろりとゼラチン状になった鱗がこれまたいいつまみになる。大きな骨以外は、すべて食べられるのがいいね。

 内臓と半身で燗酒を1本。残る半身と骨皮で、さらにもう1本の燗酒を飲む。

 そしてこの鯉のうま煮を食べ終えるころには、すっかり満腹になっていて、毎回、うな丼まで進むことができなくなってしまうのである。

『ブラジル帰りで、胃袋が大きくなっているはずだから、今回はきっと、うな丼までいけるだろう』

 なんて思っていたんだけど、今回もやっぱりダメだった。

 そしていつものように、「あぁ、今回もうなぎが食べられなかった」と少しだけ反省するんだけれど、次回もきっと、鯉のうま煮を注文しないではいられないんだろうなあ。

 それくらい「まるます家」の鯉のうま煮にはまってるのでした。なにしろ他の店では、あまり見かけない料理だしね。

 午前11時過ぎから1時間半ほど楽しんで、お勘定は2,600円。どうもごちそうさま。満足、満腹!

Img_4910a Img_4906a Img_4909a
「まるます家」 / 鯉のあらいとビール / 丸眞正宗・燗酒

店情報前回

《平成27(2015)年12月29日(火)の記録》

|

« 香箱ガニが食べたくて … 地酒「作(ざく)」(上石神井) | トップページ | 日本の味、月見つくね … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/62991447

この記事へのトラックバック一覧です: どうしても鯉のうま煮 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽):

« 香箱ガニが食べたくて … 地酒「作(ざく)」(上石神井) | トップページ | 日本の味、月見つくね … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »