« どうしても鯉のうま煮 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) | トップページ | タラ豆腐の小鍋で燗酒 … 魚専門「みはる食堂」(野方) »

日本の味、月見つくね … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方)

月見つくね


 ホワイトボードに手書きされているメニューの中から、月見つくね(250円)を注文すると、つくねのタレ焼き(単品だと180円)と、それとは別の小鉢で、卵の黄身が出された。

 その黄身が、とても大きくて美しい!

『う~む。この黄身、どうしよう??』

 小鉢の中で黄身を溶いて、つくねのほうをそれにつけながら食べるか、小鉢の黄身を、つくねの皿にツルンと移して、お皿の上でつくねにまぶしながら食べるか。

 少し考えてから、後者を選択。黄身をお皿に移して、つくねにからめることにした。

 ん~~っ。うまいっ。

 タレと黄身との相性が抜群だ!

 考えてみれば、タレにしても、生卵の黄身にしても、ブラジルでは食べなかったよなあ。鶏のつくねもそうだ。

 日本にいると、なんでもなく食べることができる月見つくねもまた、日本の味なんだなあ。改めてそんなことを思った夜となった。

Img_4865a Img_4867a

 ここ「秋元屋」は間もなく創業12年を迎える。

 現在、店長として本店を任されているのは松ちゃん。この店で働き始めてもう7~8年くらいになる。つまり店の歴史の半分以上を実体験しているということだ。

 この日、カウンターの中で、サブとして松ちゃんをサポートしているのは、「しらすのラーメン日記」でおなじみの、しらすさんこと、斉藤光輝さんだ。

「私もこの店に来て、もうちょっとで6年になりますよ」と、しらすさん。

 お二人ともすっかりベテランの域に達していて、とても安定感がある。

 そんな「秋元屋」本店のカウンターの一角に座り、黒ホッピー(400円)をもらって、まずはカシラ、シロ、レバを、それぞれ1本ずつ(各120円)、味噌(みそ)焼きで注文すると、店長の松ちゃんがていねいに焼き上げてくれた。

 ナカ(ホッピーの焼酎おかわり、270円)をもらって、つまみはガツ酢(250円)と煮豆腐(200円)。

 煮豆腐は、もつ煮込みの鍋の中で、もつと一緒にじっくりと煮込んだ豆腐のこと。実に呑兵衛好みするつまみなのだ。

 さらにナカをもらって、冒頭でご紹介した月見つくね(250円)を注文したのだった。

 黒ホッピー3杯(ソト1、ナカ3)で2時間ほどの酒場浴。お勘定は2,100円なり。どうもごちそうさま。

Img_4869a Img_4855a Img_4858a
「秋元屋」 / 黒ホッピー / かしら味噌

Img_4860a Img_4861a Img_4863a
しろ味噌、れば味噌 / がつ酢 / 煮豆腐

店情報前回

《平成27(2015)年12月27日(日)の記録》

|

« どうしても鯉のうま煮 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) | トップページ | タラ豆腐の小鍋で燗酒 … 魚専門「みはる食堂」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63010523

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の味、月見つくね … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方):

» 荒木さんの還暦を祝う … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) [居酒屋礼賛]
 うちの近所にお住いの先輩呑兵衛・荒木マタエモンさんが、このたびめでたく還暦を迎えられた。  荒木さんや、その飲み友達のみなさんは、毎週日曜日、「秋元屋」の口開けに集まって飲んでいるので、私も4時を目指して「秋元屋」へと出かけて行った。 「ちょっと狭いですが、そこに入ってください」  店員さんにそう案内してもらって入ったのは、コの字カウンターの「2番席」だ。  「秋元屋」本店のコの字カウンターは、... [続きを読む]

受信: 2016.06.08 23:12

« どうしても鯉のうま煮 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) | トップページ | タラ豆腐の小鍋で燗酒 … 魚専門「みはる食堂」(野方) »