« 馬刺し4点盛り合わせ … 郷菜ダイニング「えるもんど」(長洲) | トップページ | いつも絶妙な焼き加減 … もつやき「石松(いしまつ)」(中野) »

改めて煮込みを味わう … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

もつ煮込み


 先日、飲み仲間たちと、「どこのもつ煮込みがおいしいか」という話で盛り上がった。

 すると直ちゃんから、「私は今は『すっぴん酒場』の煮込みが一番だと思う」という気になる発言があった。

 私自身はというと、このところ「すっぴん酒場」のもつ焼きにはまり気味で、もつ焼きはよく食べてるんだけど、もつ煮込みを食べてなかったなあ。

 2年ぐらい前に一度いただいたっきりだ。

『これはぜひもう一度食べにいかなきゃ!』

 ということで、土曜日の今日、「すっぴん酒場」へとやってきた。

「黒ホッピー(450円)と煮込み(300円)。あとシロ(100円)とハラミナンコツ(100円)をお願いします」

 こうして一気に注文したのには理由わけがある。

 一般的に、煮込みはあらかじめ大鍋で煮込まれていて、そこから小鉢に注いでくれるだけ。待たずにパッと出てくることが多い一品だ。

 でもここの煮込みは違う。

 下煮込みまでは済ませて、冷蔵庫で保存している煮込みを、注文を受けてから小鍋に取って、豆腐などの具材も加えて加熱し、この店の「もつ煮込み」として仕上げていくのである。

 いわゆる受注生産方式。だから煮込みができあがるまでに、ちょっと時間がかかる。

 このできあがりを待つ間にシロとハラミナンコツをいただこうという腹づもりなのだ。

 お通し(100円)のミニポテトサラダをつまみながら黒ホッピーを飲んでいるうちに、その腹づもりどおり、先にシロ(たれ焼き)、そしてハラミナンコツ(塩焼き)が焼きあがってきた。これらはもう安定のうまさである。

 さあ煮込みもできあがった。

 注文してから20分弱。それくらいはかかるのだ。

 お通しと一緒に出される、はしがわりの串2本で、もつをつまみながらいただく。

 なるほど! できたて熱々の煮込みは、たしかにおいしいや。

 沼袋「たつや」の『もつカレー煮込み』、都立家政「弐ノ十」の『煮大根』や『煮込みとんそく』に加えて、ここ「すっぴん酒場」の『もつ煮込み』か。

 この沿線で、ぜひ食べなきゃいけない煮込みがまた増えて、まさに「うれしい悲鳴」である。

 さらにツクネ(100円)やお新香(今日はカブとキュウリなので100円)、最後にレバ(100円)で〆て、黒ホッピーはソト1・ナカ4。

 1時間40分ほど立ち飲んで、その都度払いの支払総額は2,100円だった。どうもごちそうさま。

 「すっぴん酒場」のもつ煮込み、いいね!

Img_5228a Img_5216a Img_5217a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピー / お通しのポテトサラダ

Img_5218a Img_5220a Img_5224a
シロ / ハラミナンコツ / ツクネ

Img_5225a Img_5227a
お新香(カブとキュウリ) / レバ

店情報前回

《平成28(2016)年1月9日(土)の記録》

|

« 馬刺し4点盛り合わせ … 郷菜ダイニング「えるもんど」(長洲) | トップページ | いつも絶妙な焼き加減 … もつやき「石松(いしまつ)」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63147694

この記事へのトラックバック一覧です: 改めて煮込みを味わう … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 美味!ピーマン肉詰め … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 初めて食べた「すっぴん酒場」のピーマン肉詰め(200円)が、爆発的にうまいっ!  もともと、つくねが自慢の店なんだけど、そのつくねが、ちょっと苦みのあるピーマンと合わさって、いい味わいを醸し出す。  炭火で焼かれたピーマンの焦げ目のところがいいんだな。  金曜日の今日は、東京タワーの真下、赤羽橋駅から都営地下鉄・大江戸線に乗って、中井まで帰ってきた。  まずは中井の「錦山」をのぞいたものの、ひと... [続きを読む]

受信: 2016.02.29 20:37

« 馬刺し4点盛り合わせ … 郷菜ダイニング「えるもんど」(長洲) | トップページ | いつも絶妙な焼き加減 … もつやき「石松(いしまつ)」(中野) »