« 激安!ほろ酔いセット … 「因幡うどん(いなばうどん)」(博多) | トップページ | 手作りの博多焼き餃子 … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) »

美味!ピーマン肉詰め … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

ピーマン肉詰め


 初めて食べた「すっぴん酒場」のピーマン肉詰め(200円)が、爆発的にうまいっ!

 もともと、つくねが自慢の店なんだけど、そのつくねが、ちょっと苦みのあるピーマンと合わさって、いい味わいを醸し出す。

 炭火で焼かれたピーマンの焦げ目のところがいいんだな。

 金曜日の今日は、東京タワーの真下、赤羽橋駅から都営地下鉄・大江戸線に乗って、中井まで帰ってきた。

 まずは中井の「錦山」をのぞいたものの、ひとり客でも入れないほどの満席状態。さすがである。

 続いて、うなぎ串焼きの「くりから」に行ってみると、こちらもまた外から見てもわかるほど(カウンター席は)満席。なにしろ金曜日の夜7時過ぎというゴールデンタイムだからなあ。

 仕方がないので、西武新宿線で野方に移動し、「すっぴん酒場」へ。

 これまた、外から見てもわかるほどの満席状態なんだけど、「立ち飲みだから、なんとかなるか?!」と、意を決して店内へ。

 先客のみなさんが、ちょっとずつ詰め合わせてくれて、なんとか入ることができた次第でした。

 いつものように、まずは黒ホッピー(450円)をもらうと、お通し(100円)の大根とキュウリのお新香が出された。

 焼き物は、しろ(100円)、れば(100円)から、はらみナンコツ(100円)、はつみみ(100円)に進むのは、このところの定番である。

 それにしても金曜日に来ると、ほとんどの札が黒いのが嬉しいなあ!

 この店の短冊メニューは、売り切れると裏返しになり、赤字に変わるのである。

 改めて、黒字が並ぶ短冊メニューを眺めていて、いつ来ても赤字になっているピーマン肉詰めがあることを発見し、注文したのだった。

 そして最後は、こぶくろ(100円)で締め。

 この店に来ると、立ち飲みなのについつい長っちりになってしまう。

 今夜もまた、2時間近く立ち飲んで、黒ホッピー外1中4に、やきとんが6本。

 キャッシュ・オン・デリバリ(品物と引き換え払い)での支払総額は1,550円だった。どうもごちそうさま。

Img_0145a Img_0147a Img_0149a
黒ホッピーとお通し / れば / しろ

Img_5514a Img_0150a Img_0153a
はらみナンコツ / はつみみ / こぶくろ

店情報前回

《平成28(2016)年2月19日(金)の記録》

|

« 激安!ほろ酔いセット … 「因幡うどん(いなばうどん)」(博多) | トップページ | 手作りの博多焼き餃子 … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63276526

この記事へのトラックバック一覧です: 美味!ピーマン肉詰め … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 豚もつ焼きの食いだめ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 明日から1週間ほど松山(愛媛県)に帰省する予定なので、「すっぴん酒場」に豚もつ焼きの食いだめにやってきた。  いつものように黒ホッピー(450円)をもらって、焼きものはレバ(100円)とシロ(100円)という、王道の2品からスタートする。  レバとシロは、その店の仕入れ(モツの鮮度)と仕込み(下ごしらえの度合い)がずばりとわかる品。  これに「焼き」と「味付け」が加わって、絶品のもつ焼きができあ... [続きを読む]

受信: 2016.05.11 22:10

« 激安!ほろ酔いセット … 「因幡うどん(いなばうどん)」(博多) | トップページ | 手作りの博多焼き餃子 … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) »