« もつだけのもつ煮込み … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) | トップページ | 創業60年、横浜の老舗 … 「豚の味珍(ぶたのまいちん)」(横浜) »

横浜名物の立ち飲み店 … 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(新杉田)

仕事帰りに軽く一献


 横浜での仕事を終えて、帰宅の前に軽く立ち飲みである。

 国民酒場「じぃえんとるまん」は、上大岡の本店の他、ここ新杉田店、そして相鉄線沿線に天王町店、二俣川店、三ツ境店が並び、もはや横浜名物の立ち飲み店といった感がある。

 私自身は、横浜への単身赴任時代に、この近くに住んでいたこともあって、ここ新杉田店に来ることが多かった。

 おぉ。大瓶ビール(アサヒスーパードライ)が380円という値段は変わっていないのがすばらしい。

 今日は3人でやってきたので、ひとり千円ずつを、立ち飲みテーブル上の小さいかごに入れて、生ビール中ジョッキ(370円)を3つもらって乾杯。

 つまみはマグロなかおち(250円)、しめさば(250円)、竹の子の土佐煮(100円)、みそにんにく(100円)からスタートだ。

 マグロなかおち、しめさば、にし貝、真いわし、赤いかなどの刺身類がそれぞれ250円。

 梅にんにく、みそにんにく、枝豆、冷奴、キムチ、かまぼこ、ちくわ、小肌、らっきょ、三角チーズなどの小鉢物がそれぞれ100円というのがうれしい。

 飲みものも料理も、キャッシュ・オン・デリバリ(料理と引き換え払い)で、籠の中からお金が取っていかれ、お釣りが置かれる。あとどのくらい飲み食いできるのか、ひと目でわかるのがいいよね。

 飲みものを焼酎のロックに切り替える。私は黒糖焼酎「里の曙」(200円)を選択。カシャーサやラム酒と同じ原料ながら、日本で造るとちゃんと焼酎になりますねえ。

 さらに籠のお金を少し追加しながら、キュウリ1本のぬか漬け(150円)や豚もつぴり辛炒め(300円)、注文を受けてから店内の厨房で揚げてくれる厚揚(200円)をもらって、焼酎もおかわりだ。

 1時間半ほど立ち飲んで、支払総額はひとり1,200~1,300円ほど。

 横浜にいるときは、ここからほんの10分ほどのところに住んでたのになあ。これから人の多い電車で東京まで帰らないといけないと思うと、なんとも気が重い。

Img_5781a Img_5780a Img_5783a
生ビールで乾杯 / マグロなかおち、竹の子の土佐煮 / しめさば

Img_5784a Img_5785a Img_5786a
みそにんにく / 黒糖焼酎「里の曙」ロック / ぬか漬け(きゅうり1本漬け)

Img_5787a Img_5790a Img_5792a
豚もつぴり辛炒め / 厚揚 / 今日の料理メニュー

店情報前回

《平成28(2016)年2月5日(金)の記録》

|

« もつだけのもつ煮込み … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) | トップページ | 創業60年、横浜の老舗 … 「豚の味珍(ぶたのまいちん)」(横浜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63197101

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜名物の立ち飲み店 … 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(新杉田):

« もつだけのもつ煮込み … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) | トップページ | 創業60年、横浜の老舗 … 「豚の味珍(ぶたのまいちん)」(横浜) »