« 改めて煮込みを味わう … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | これぞ究極の樽酒バー … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) »

いつも絶妙な焼き加減 … もつやき「石松(いしまつ)」(中野)

牛シビレ


 店主・三浦さんの『焼き』の技術を味わうために、中野の「石松」にやってきた。

 焼いている肉の内部が見えているんじゃないかと思うほど、絶妙な焼き加減で出してくれる。

 ただし店内はカウンター7席のみと狭くて、たいてい満席。なかなか入ることができない店なのだ。

 ボトルキープしている「金宮焼酎」(1,500円)をお茶割りでもらって、他の人の注文に便乗して牛シビレ(150円)を注文すると、まず出されたのはお通し(350円)のウィンナー焼とウズラ焼。

 ちょうどそれらを食べ終わったころに、牛シビレも出てきた。これは串焼きではなくて、バラで焼いたもの。

 やっぱり焼き加減は絶妙だ。

 続いては好物の牛ミノ(150円)を焼いてもらう。牛ミノは、いつも醤油味で出してくれる。

 この店の場合、注文を受けてから肉を切って串に刺し、渋滞することなくそのまま焼き台で焼きあげて出してくれる。

 だから肉の鮮度もすばらしいのだ。

 考えてみれば、魚の刺身だって、あらかじめ造ったものを皿に並べて置いている店よりは、注文を受けてから刺身を引いて造ってくれたほうが鮮度がいいもんね。それと同じだ。

『最後にサッパリと野菜串でも焼いてもらおうかなあ』

 と思っていたら、ちょうどとなりの人がピーマン(150円)を注文したので、これまた私も便乗した。

 注文を受けてから下ごしらえをする店なので、他の人の注文と合わせて注文すると、いっぺんに下ごしらえすることができて出が早いのだ。

 サッと炙っただけのピーマンもおいしいね。

 1時間ほど楽しんで、今夜のお勘定は800円なり。どうもごちそうさま!

Img_5242b Img_5240b Img_5233b
「石松」 / メニュー / キープボトルでお茶割り

Img_5235b Img_5238b Img_5239b
お通しのウィンナー焼とウズラ焼 / 牛ミノ / ピーマン

店情報前回

《平成28(2016)年1月9日(土)の記録》

|

« 改めて煮込みを味わう … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | これぞ究極の樽酒バー … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63148220

この記事へのトラックバック一覧です: いつも絶妙な焼き加減 … もつやき「石松(いしまつ)」(中野):

» 1軒目で来るのがいい … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 久しぶりに、1軒目の酒場として「石松」にやってきた。  カウンター席の中央部に腰をおろし、キープしている金宮ボトルを緑茶割りでお願いすると、入口近くのお客さんから牛ハラミ(200円)とツクネ(150円)の注文が飛んだ。  私もすかさず便乗注文する。 「こっちも牛ハラミ1本と、ツクネはタレと塩で1本ずつください」  カウンター席の奥のほうに座っているお客さんからも「オレもツクネをもらおう」と便乗注... [続きを読む]

受信: 2016.06.21 22:07

« 改めて煮込みを味わう … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | これぞ究極の樽酒バー … 樽酒「路傍(ろぼう)」(中野) »