« 具だくさんのネギマ鍋 … 「銀座じゃのめ」(銀座) | トップページ | 横浜名物の立ち飲み店 … 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(新杉田) »

もつだけのもつ煮込み … もつ焼き「ホルモン」(沼袋)

もつ煮込み


 もつ焼き屋の楽しみのひとつが「もつ煮込み」の存在。

 たいていのもつ焼き屋では、お通しが出されることはないので、出が速いもつ煮込みは、お通し代わりの「まず一品」的なつまみにもなるのだ。

 しかし、どの店のもつ煮込みもけっこうボリュームがあるので、「もつ煮込みを食べるか」、それとも「もつ煮込みを食べるのをあきらめて、その分、もつ焼きをたくさん食べるか」をはかりにかけないといけない。

 その結果、私自身はほとんどの場合、「もつ焼きをたくさん食べる」ほうを選んでいたのでした。

 ここ「ホルモン」でも、前にもつ煮込みを食べたのは、6年半前の夏のことだった。

 今日は久しぶりに、そのもつ煮込み(350円)をいただいた。

 毎朝10時頃から、レバ以外の残モツ(もつ焼き用に下ごしらえした残りの部分)を煮込み始めて、開店直前の午後5時ごろ、味噌で味付けしたら、ひとまず完成する。

 しかし、営業時間中も、ずっととろ火での煮込みが続いているので、時間が経つにつれて、だんだんと「よく煮」の状態になってくるのである。

 そして注文を受けると、大鍋から小鉢によそい、刻みネギをトッピングして出してくれる。

 これに卓上に置かれている一味唐辛子をパラパラとかけていただくのだ。

 シンプルな、もつ100%の煮込みがうまいことは言うまでもない。

 今日は午後6時過ぎに店に到着。

 焼酎の梅割り(250円)のあと、いつものようにまずはお新香(120円)をもらって、あぶら、おっぱい、ればを1本ずつ(各120円)、それぞれ塩焼きで注文。

 そのもつ焼きを食べたあと、もつ煮込みへと移行したのでした。

 私のとなりの席で、美味しそうにもつ焼きをつまんでいるのは、アリゾナ州(アメリカ南西部の州)出身で、早稲田大学に留学しているジョイさんという学生さん。

 すでに常連さんと言っていいほど、この店に通っているんだそうな。

 私もさらに焼酎の梅割りをおかわりして、2時間ほどの酒場浴。今日のお勘定は1,580円だった。どうもごちそうさま。

Img_4917b Img_4918b
もつ焼き「ホルモン」 / お新香と焼酎梅割り

Img_4919b Img_4923b
あぶら、おっぱい、れば(塩) / 卵付きこぶくろ、はつした、たんした(塩)

店情報前回

《平成27(2015)年12月29日(火)の記録》

|

« 具だくさんのネギマ鍋 … 「銀座じゃのめ」(銀座) | トップページ | 横浜名物の立ち飲み店 … 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(新杉田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63178649

この記事へのトラックバック一覧です: もつだけのもつ煮込み … もつ焼き「ホルモン」(沼袋):

» タレ焼きもまた美味し … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 以前は、もつ焼きは基本的に塩焼きで食べていた。  名店と呼ばれるもつ焼き屋は、もつの鮮度も抜群だし、仕込みもていねいなので、シンプルな塩焼きで食べるのが一番うまいと思っていたのだ。  しかし!  そういう鮮度のいいもつ焼きばかりを食べていると、もつそのものの味わいに加えて、その店ならではの味つけが加わったもつ焼きも美味しいと思うようになってきた。  蕨(わらび)の「喜よし」を原点とする、秋元系も... [続きを読む]

受信: 2016.04.07 23:27

« 具だくさんのネギマ鍋 … 「銀座じゃのめ」(銀座) | トップページ | 横浜名物の立ち飲み店 … 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(新杉田) »