« 揚げたて熱々天玉そば … そば「ala 麓屋(あらふもとや)」(三田) | トップページ | 男だらけで名物を囲む … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) »

あったかい豆腐がいい … 名代きしめん「住よし(すみよし)」(名古屋)

とうふ(温)


 とうふ(190円)の食券を渡したら、

「お豆腐はあったかいのにしますか? 冷たいのにしますか?」と聞かれた。

「あったかいのでお願いします」と答えると、

「は~い」と返事したおねえさん、パックの豆腐を開封し、どんぶりの中にツルンと入れたと思ったら、きしめん用のツユをおたまですくって、豆腐にかけた。

 しかるのちに、電子レンジでさらにチンと温め、刻みネギと、カツオ節をトッピング。レンゲを添えて出してくれた。

 豆腐の一角をレンゲでつつき崩し、ツユと一緒にすくって口に含む。

 旨みが強いツユがかけられたことで、普通の湯豆腐と比べて、より一層、お酒のつまみとしての性格が強くなってるなあ。

 な~るほど、これはいいね。

 呉の「森田食堂」の湯豆腐や、西荻窪「みちのくらさん」のエロうま豆腐、あったかくはないけれど赤羽「まるます家」のたぬき豆腐などにも通じるものを感じる。

 しかも、これがたったの190円というのが、これまたうれしいではありませんか。

 今日もまた、予定の新幹線までの待ち時間を利用して、同行のI和泉さん、S藤さんと3人で、名古屋駅在来線7・8番ホームの名代きしめん「住よし」にやってきた。

 ひとり千円ずつの会費を集めて、食券の自動販売機にお札を投入する。

「待ち時間が30分ほどしかないから、軽めにしようね」

 ということで、今夜は「生ビール(大)」(620円)はやめて、「生ビール(中)」(390円)を3つと、つまみには「枝豆」(210円)、「どて」(270円)、そして冒頭でご紹介した「とうふ」(190円)の食券を、それぞれ1つずつ購入して店に入ったのだった。

 この時点で支払い総額は1,840円。

「あと1,160円残ってますよ~」生ビール(中)

 と言いながら飲み始めたところ、3人とも、生ビール(中)はあっという間に飲み干してしまった。

「最初から生ビール(大)にしておけばよかったね」

 と反省しつつ、生ビール(中)をさらに3つ追加したところで、千円ずつの会費をオーバーし、合計3,010円となった。

 オーバーついでに、最初から気になっていた「いわしフライ」(210円)も追加したところ、揚げたて熱々で出されたこの「いわしフライ」も良かった。

「新幹線ホームには飲める店はないの?」

 改めて店のおねえさんに確認してみたところ、

「3・4号車あたりの店には酒類は置いてません。14号車あたりにも店があって、そちらにはビールがあります。そのかわりおつまみはないんです。みなさん、うどんをつまみにビールを飲んだりされてるようですよ」とのことだった。

 そして気がつくと、予定の新幹線まであと10分ほど。そろそろ行きますか。どうもごちそうさま。

 20分ほどの滞在。支払い総額は3人で3,220円(ひとり当たり1,073円ほど)でした。

Img_0546a Img_0547a Img_0549a
どて / 枝豆 / いわしフライ

店情報前回

《平成28(2016)年3月8日(火)の記録》

|

« 揚げたて熱々天玉そば … そば「ala 麓屋(あらふもとや)」(三田) | トップページ | 男だらけで名物を囲む … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63323163

この記事へのトラックバック一覧です: あったかい豆腐がいい … 名代きしめん「住よし(すみよし)」(名古屋):

» 駅のホームでハシゴ酒 … 「住よし(すみよし)」(名古屋)など [居酒屋礼賛]
 「酒津屋 中店」での朝飲みを軽めに切り上げたのにはわけがある。  もう1軒、名古屋駅のホームで飲んでから、東京に帰ろうと思っているのだ。  やってきたのは名古屋駅在来線5・6番ホームの大阪寄りにある立ち食いうどんの店、麺亭「憩(いこい)」である。  ネットの情報によると、在来線ホーム上に数ある立ち食いうどん屋の中でも、ここがもっともつまみ類が充実しているらしいのだ。  ちなみに、これらの立ち食い... [続きを読む]

受信: 2016.11.06 15:07

« 揚げたて熱々天玉そば … そば「ala 麓屋(あらふもとや)」(三田) | トップページ | 男だらけで名物を囲む … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) »