« めかぶ山芋納豆で燗酒 … 居酒屋「丸山(まるやま)」(阿佐ケ谷) | トップページ | 〔お知らせ〕 宝島社「大衆酒場の達人」 »

ひとりつくね1本の会 … 焼とり「よね田(よねだ)」(西荻窪)

限定つくね+目玉焼き


「あれから1か月。つくね1本食べられなかった編集長の思いを果たすべく、再度集結いたします」

 という宇ち中さんからの呼びかけに、呑み仲間たちが西荻窪の「よね田」の2階座敷に集まった。

 「あれから」というのは、1月に集まった中野「よね田」での飲み会のこと。

 「よね田」名物の限定つくね(210円)を、「ぜひひとり1本ずつ注文しましょう」と、「よね田」大常連の「古典酒場」の倉嶋編集長が提案してくれたのに、その巨大さに恐れをなした他のメンバーから「大き過ぎるから、ふたりで1本程度で……」という声が上がり、結局、「ふたりで1本」に落ち着いたのだった。

 しかしながらそのときの、

「私はいつも、ひとりで1本、食べてるんだけどなあ……」

 という編集長のいかにも残念そうな声に応えて、宇ち中さんが『今度こそひとりつくね1本の会!』を企画してくれたのであ~る。

 ホッピー(400円)をもらって乾杯し、まっ先に注文するのは、その限定つくね(210円)と、トッピング目玉焼き(100円)である。トッピングの目玉焼きには、お好みでエクストラバージン・オリーブ油かゴマ油をかけてもらうことができる。

 この巨大なつくねは、焼き上がるのに1時間ほどかかるので、それを待ちながらつまむ料理として、「鳥刺し(大)」(480円)、「煮込み豆腐(大)」(500円)、「キャベツの浅漬け」(300円)×2、「みそきゅうり」(300円)×2のほか、大山地鶏の焼き鳥も、「ボンジリ」(1本200円)と「なんこつ」(1本200円)を、それぞれ3本ずつ注文した。

 7人という人数の割りには、料理の注文が少なめだが、なにしろ最後にずっしりと重くて、それだけで満腹になりそうな限定つくねが、ひとり1本ずつ控えている。他の料理は「少なめ」にしておくぐらいがちょうどいいのである。

 あとはひたすら飲む飲む飲む。

 ひとり1本ずつのつくねも無事に完食して2時間ほどの滞在。

 今日のお勘定は、7人で13,340円(ひとり当たり1,906円)という低価格だった。

 ものすごく飲んだのに、さすが「よね田」だなあ。どうもごちそうさま。

Img_0292a Img_0295a Img_0294a
鳥刺し(大) / 煮込み豆腐(大) / キャベツの浅漬け

Img_0297a Img_0299a Img_0300a
みそきゅうり / ボンジリ / なんこつ

店情報前回

《平成28(2016)年2月27日(土)の記録》

|

« めかぶ山芋納豆で燗酒 … 居酒屋「丸山(まるやま)」(阿佐ケ谷) | トップページ | 〔お知らせ〕 宝島社「大衆酒場の達人」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63364202

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりつくね1本の会 … 焼とり「よね田(よねだ)」(西荻窪):

« めかぶ山芋納豆で燗酒 … 居酒屋「丸山(まるやま)」(阿佐ケ谷) | トップページ | 〔お知らせ〕 宝島社「大衆酒場の達人」 »