« 軽くほろ酔いのはずが … エキナカ酒場「シオヤ(汐屋)」(新大阪) | トップページ | 〔お知らせ〕 「おとなの流儀 Vol.19」 駅前絶品やきとり酒場 »

東京でも大阪風串カツ … 串揚げ「たけちゃん」(三田)

生ビールで乾杯


 このところ、新大阪駅構内にあるエキナカ酒場「シオヤ」のほろ酔いセット(780円)に付いてくる串カツ(≒東京では串揚げ)を食べることが多いが、東京にも大阪風の串揚げが食べられるお店は多い。

 その先駆け的な1軒が、三田の「たけちゃん」だ。

 大阪は平野区にある老舗串カツ屋台「武田」の息子さんが、平成13(2001)年2月にオープン。今年で創業15年となった。

 店の入口側が立ち飲みのカウンター席と、座れるテーブル席。奥の間に2~4人掛けのテーブルが4卓。

 4人でやって来た我われは、奥のテーブル席の1つに座り、生ビール(キリン一番搾り、420円)をもらって乾杯すると、すぐに出されたのはお通しの枝豆と、串揚げとは切っても切り離せない定番のお供、ざく切りの生キャベツである。

 串揚げは「おまかせ串セット8本」(1,050円)を人数分注文した。

 単品で注文する場合は、牛肉、チーズ、ちくわ、ギョーザなどの90円ものから始まって、120円の串、180円の串、210円の串、そして220円の串という5種類の価格帯、約30種の定番串に、日替りの15種ほどが加わる。

 値段によって串が違っていて、これを目の前に置かれた湯呑みの中に立て、あとでお勘定してもらう仕組み。

 生ビールなどの飲みものも、それに応じた箸などが湯呑みに立てられ、お勘定のときに使われる。

 飲みものを、かち割りワイン(420円)に切り替えて、串揚げも何品かを追加し、もう一つの名物・どて焼き(120円)ももらう。

 2時間ほどゆっくりと過ごして、今日のお勘定は4人で17,620円(ひとり当たり4,405円)。やぁ、よく飲んだ、よく食べた。どうもごちそうさま。

Img_5311a Img_5310a Img_5300a
串揚げ「たけちゃん」 / 表の定番メニュー看板 / 日替りメニュー

Img_5297a Img_5298a Img_5299a
こんにゃく90、ちくわ120 / じゃがいも120、ウインナー120 / ワイン420

Img_5301a Img_5302a Img_5303a
ギョーザ90、牛肉90 / えび220、ねぎま220 / プチとまと120、もち豚120

Img_5304a Img_5305a Img_5306a
紅生姜120 / どて焼き120 / チーズ90

Img_5307a Img_5308a
サバ120 / レンコン120

店情報前回

《平成28(2016)年1月14日(木)の記録》

|

« 軽くほろ酔いのはずが … エキナカ酒場「シオヤ(汐屋)」(新大阪) | トップページ | 〔お知らせ〕 「おとなの流儀 Vol.19」 駅前絶品やきとり酒場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63406457

この記事へのトラックバック一覧です: 東京でも大阪風串カツ … 串揚げ「たけちゃん」(三田):

» 食べる食べる飲む飲む … 串揚げ「たけちゃん」(田町) [居酒屋礼賛]
 会社の帰りに、同僚たちと5人で、会社近くの串揚げ「たけちゃん」にやってきた。  奥に4つあるテーブル席のひとつを囲み、まずは生ビール(420円)で乾杯し、つまみは「おまかせ串セット」の8本(1,050円)を人数分注文すると、こんにゃく(120円)、ちくわ(90円)、じゃがいも(120円)、ギョーザ(90円)、牛肉(90円)、ねぎま(220円)、ウインナー(120円)、えび(220円)が、揚げあが... [続きを読む]

受信: 2016.11.10 22:35

« 軽くほろ酔いのはずが … エキナカ酒場「シオヤ(汐屋)」(新大阪) | トップページ | 〔お知らせ〕 「おとなの流儀 Vol.19」 駅前絶品やきとり酒場 »