« 〔お知らせ〕 「おとなの流儀 Vol.19」 駅前絶品やきとり酒場 | トップページ | 阿佐ヶ谷どうでしょう … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

ランチのうな丼で燗酒 … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪)

ランチのうな丼で燗酒


 うな丼をつまみに燗酒が飲みたくて、荻窪の「川勢」にやって来た。

 平日昼間に「川勢」にやって来たのは1年数か月ぶりだ。

 開店時刻の正午を5分ほど回ったばかりなのに、店内はもう満席。2階にもお客さんが入っている様子。相変わらず、すごい人気だなあ。

 かろうじて空いていた、角の席に入れてもらい、ビール(キリンラガー大瓶、600円)と、うなぎ串焼き一揃い(6本)を注文する。

 まず出てきたのは、ばら焼(220円)、ひれ焼(220円)、きも焼(220円)の3本。

 ばら焼は、うなぎの腹骨のところを集めて焼いたもの。骨はすごく細いので、それほど口にあたることもなくて、むしろ芳ばしく感じる。旨みが強く、人気が高い一品だ。

 ひれ焼は、うなぎの背ビレ、腹ビレを、ニラと一緒に串に巻いて焼いたもの。ニラの食感の中に、サクッとジューシーなヒレの感覚が混ざるのがいいんだなあ。

 ばら焼とひれ焼は、私の中で1、2を競う好物うなぎ串だ。

 きも焼は、本当はうなぎの肝臓(れば)以外の内臓を集めて焼いたもの。ればは、それだけ集めて、れば焼になるんだけれど、今日はれば焼がないそうで、きも焼の中に、ればが1切れだけ入ってた。

 うなぎの身は、蒲焼きや白焼きとして食べれるんだけれど、バラ、ヒレ、キモなどは、豚肉、牛肉でいうとホルモンと同じ。でも、ホルモンがうまいのと同じように、バラ、ヒレ、キモもうまいんだ!

 続いて出されたのは串巻(220円)だ。これは縦に細く切ったうなぎの身を、クネクネと串に刺して焼いたもの。

 追いかけるように出てきたのは、短冊たんざく焼(350円)。本来の一揃いでは、れば焼(220円)が出るんだけれど、今日はそのれば焼がないので、代わりに短冊焼になったようだ。

 短冊焼は、串に刺したミニ蒲焼きのようなもの。しかも蒸さずに焼くから、関西風の蒲焼きのような食感が楽しめるのだ。

 そして一揃いの最後は八幡巻(350円)。これはごぼうのまわりに、縦に細く切ったうなぎの身を巻いて焼いたもの。ごぼうとうなぎは相性がいい。

 この6本(合計1,580円)で一揃いは終わりだが、れば焼とこれら6種以外に、うなぎのカマのところの身を焼いた「えり焼」(220円)、レンコンのまわりにうなぎの身を巻いて焼いた「はす焼」(220円)の合計9種類が、うなぎ系の串焼き。他に、ねぎ焼、ししとう焼、しいたけ焼などの野菜の串焼き(各180円)がある。

 大瓶ビール1本で、一揃い6本をいただいたあとは、いよいよ満を持して、うな丼(ランチタイムは1,200円)と燗酒(450円)を注文。

 うな丼用の蒲焼きは、下焼きして蒸した状態でスタンバイされていて、注文を受けてから蒲焼きに仕上げて熱々ごはんに乗せてくれる。

 うな丼はもちろんのこと、定食に添えられるお新香と味噌汁もいいつまみになるんだなあ。

 普通のうなぎの蒲焼きだと、一所懸命食べないとすぐに冷めてしまうが、うな丼になっていると、ごはんの熱さもあって、お酒のつまみとしてゆっくりと食べても、なかなか冷めないのがありがたい。

 1時間ちょっと楽しんで、今日のお勘定は3,830円。超満腹である。

 そうそう。平日は12時半を過ぎると、1時に近づくにつれて、少しずつ余裕ができてくるようなので、飲みに行くのならそれぐらいの時間帯を狙うのがいいと思う。反省、反省。

 ちなみに、ランチタイムの営業は午後2時までなのでご注意を。

 最後にもうひとつ。改めて店主にも確認させていただいたところ、店の名前「川勢」の読み方は、「かわせい」だそうですので、よろしくお願いします。

Img_1181a Img_1167a Img_1168a
「川勢」 / 大瓶ビール / ばら焼、ひれ焼、きも焼

Img_1170a Img_1173a Img_1177a
串巻、短冊焼 / 八幡巻 / うな丼

店情報前回

《平成28(2016)年3月28日(月)の記録》

|

« 〔お知らせ〕 「おとなの流儀 Vol.19」 駅前絶品やきとり酒場 | トップページ | 阿佐ヶ谷どうでしょう … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63409207

この記事へのトラックバック一覧です: ランチのうな丼で燗酒 … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪):

» キンミヤ焼酎で一揃い … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 吉祥寺を出て、荻窪に到着したのは午後5時半。  さあ、「やきや」に行くか、「田中家」に行くか、それとも「カッパ」に向かうか。  その前にダメ元で、うなぎ串焼きの「川勢」をのぞいてみよう。  午後5時の開店と同時に、すぐに満席になってしまう「川勢」。まだ開店後30分しか経ってないから、おそらくいっぱいだろうなあ。 「すみません。ひとりです」  のれんをくぐり、開けっ放しの入口から店内をのぞき込む。... [続きを読む]

受信: 2016.10.24 06:45

« 〔お知らせ〕 「おとなの流儀 Vol.19」 駅前絶品やきとり酒場 | トップページ | 阿佐ヶ谷どうでしょう … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »