« 店情報: 酒房「日本盛(にほんさかり)」(東京) | トップページ | おまかせ料理で超満腹 … ミルクワンタン「鳥藤(とりふじ)」(有楽町) »

東京駅に出店して63年 … 酒房「日本盛(にほんさかり)」(東京)

東京駅


 高校時代の同級生が四国から上京してきて、横浜に住む同級生と3人で東京駅に集合した。

「店はおまかせ。よく知ってるんでしょう?」

 と言われて、「それじゃあ」とやってきたのは『東京駅一番街』の2階にある酒房「日本盛」である。

 その名のとおり、兵庫は西宮の酒造会社・日本盛(株)の直営店で、その創業はなんと、東京駅名店街が開業した昭和28(1953)年。

 今年で創業63年となる老舗酒場なのである。

 とはいうものの、その東京駅名店街が、2005年に東京駅一番街としてリニューアルオープンしたときに、酒房「日本盛」もリニューアルオープンしたので、店はまだ新しい。

 私自身、前に来たのは、まだ古い店舗だった2003年12月のことなので、新しい店に来たのは今日が初めてだ。

 この店は安い酒場というわけではない。

 中瓶ビールが690円、チューハイが550円、焼き鳥が1本200円と、大衆酒場と比べると1.5~2倍ほど高い。

 しかし!

 なんと言ってもここは東京駅の中(改札よりは外)。いろんなところからやって来るにも、各方面へと帰っていくにも、とても便利がいいのだ。

 ひとり3,500円からの飲み放題付きコースもあるようなので、これを選べば、一般的な居酒屋チェーン店と遜色がない状態になるだろう。

 我われはというと、まずは生ビール中ジョッキ(710円)で、久しぶりの再会を祝って乾杯し、料理には根菜サラダ(580円)、焼鳥盛合せ(やきとり5本+手羽1本、1,200円)、川エビからあげ(480円)、エイヒレ炙り(480円)、そして【産直の逸品!】と書かれた釧路産氷下魚こまい(780円)をもらった。

 生ビールに続いての飲みものは、「日本盛」の上撰おかん瓶(180ml、500円)。

 なにしろ「日本盛」の直営店なので、「日本盛」の各銘柄がずらりとそろっている。

 宮内庁御用達の銘酒「惣花そうはな」(純米吟醸、グラス550円、燗酒240ml 880円)も置かれている。

 老舗大衆酒場ファンにとっては、東京駅近辺というとやっぱり酒亭「ふくべ」や大衆割烹「三州屋 八重洲店」なんだけれど、酒場ファンじゃない方をお連れすると当たり外れが出てしまう。こういう店があまり好きじゃない人もいるんですね。

 酒場としての大きな特徴はないんだけれど、だれと行っても、ほとんど当たり外れがないのが、ここ「日本盛」だったり、八重洲地下街にある、こちらも酒造会社直営の「玉乃光酒蔵」だったりするのでした。

 そろそろ閉店という午後9時過ぎまで、高校時代の懐かしい話や、近況報告などで大いに盛り上がり、お勘定は3人で10,150円。ひとり3,380円ほどというのは、安くはないけど、けっして高くもないよね。どうもごちそうさま!

 (以下の画像はお店が提供しているものです。)

Sakari5c Sakari1c Sakari2c
店内の様子 / 根菜サラダ / 焼鳥盛合せ

Sakari3c Sakari4c Sakari7c
川エビからあげ / 釧路産氷下魚 / 上撰おかん瓶

店情報前回

《平成28(2016)年4月16日(土)の記録》

|

« 店情報: 酒房「日本盛(にほんさかり)」(東京) | トップページ | おまかせ料理で超満腹 … ミルクワンタン「鳥藤(とりふじ)」(有楽町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63551301

この記事へのトラックバック一覧です: 東京駅に出店して63年 … 酒房「日本盛(にほんさかり)」(東京):

« 店情報: 酒房「日本盛(にほんさかり)」(東京) | トップページ | おまかせ料理で超満腹 … ミルクワンタン「鳥藤(とりふじ)」(有楽町) »