« 東京駅に出店して63年 … 酒房「日本盛(にほんさかり)」(東京) | トップページ | 今夜もやっぱり穴子天 … 大衆酒場「栄屋(さかえや)」(日ノ出町) »

おまかせ料理で超満腹 … ミルクワンタン「鳥藤(とりふじ)」(有楽町)

ミルクワンタン


 7年ぶりにやってきたのは、有楽町ガード下にあるミルクワンタンの「鳥藤」である。

 入口の引き戸を開けて、「3人です」と声をかけると、フロア担当のおじさんから、「予約の方?」という声が返ってきた。

「いいえ。予約はしてないんですが…」

「じゃあ、奥のテーブルを使ってください。小上がりは予約が入ってるんです」

 と言いながら、一番奥の2人用テーブルの横に補助イスをひとつ出してくれた。

 店内は奥に向かって細長い造りで、入って右手にカウンター8席。左手壁際には2人用テーブルが3つ、店の奥に向かって並んでいる。右手奥が小上がりになっていて、ここに4人掛けの座卓が2つ。

 合わせて22人が入れる計算になるが、こうして補助イスも使うと、さらにもうちょっと入る。

 2人用のテーブルは、そもそもが2人用というには小さいサイズ。それを男3人で使うもんだから、とっても狭い。でもまあ、話が弾んでいいだろう。

「飲みものは、まずはビールをお願いします」

 飲みたいお酒だけを注文すれば、料理は勝手に出されるのがこの店の仕組み。

 だから店内にはメニューもない。

 いや、正確に言うと、壁に1枚の、とても古びたメニューが張られているんだけれど、そこには、ミルクワンタン(700円)、焼飯(700円)、もつライス(700円)、焼飯半もつ(800円)の4品しか書かれていない。

 これは以前、ランチ営業をしていたときのもののようだが、夜も注文できるようだ。その場合は、店に入ったらまずまっ先に「コースではなくて、ミルクワンタンだけください」といった注文をしないといけないようだ。

 基本は勝手に出てくるコース。あえて注文しない限りそれが出る。

 値段はどこにも書かれていないが、食べた量、飲んだ量によって、ひとり3~5千円ぐらい。かなりアバウトな計算なんだけど、不公平感を感じたことはない。飲んだら飲んだなりに高くなっていく。

 最初にビールを何本かいただいたあとは、芋焼酎のお湯割りに切り替える。焼酎はボトルごと出されて、飲んだ量で清算される仕組みのようだ。

 今日の料理は次のような流れで、全13品(最後のフルーツまで加えると14品)が出された。

  1. 鶏スープ(透明であっさり、具は刻みネギのみとシンプルで、すきっ腹にやさしい)
  2. みょうが酢味噌でいただく冷やっこ
  3. 白菜漬け
  4. さんま丸干焼き
  5. とろろ芋(このねっとり感は自然薯か?)
  6. 竹の子とじゃが芋の煮物
  7. 生野菜(紫タマネギ、キュウリ、レタス、プチトマト。レーズンの混ざった甘めのドレッシング。紫タマネギがビリビリと強烈に辛くて、芋焼酎の湯割りが進む進む)
  8. やきとり、獅子唐添え
  9. 酢の物(イカゲソ、ワカメ、キュウリ)
  10. おでん(大根、こんにゃく、さつま揚げ、こんぶ)
  11. ミルクスープ with パン(「パンを浸けて食べてください」とのことだったが、パンをちぎって具材にすると、よりスープが浸み込んでうまし!)
  12. 納豆+焼飯(納豆を焼飯の上にかけて、一緒に食べるのが鳥藤流。ここならではの名物料理のひとつだ)
  13. 〆はやっぱりミルクワンタン
  14. フルーツ(今日はオレンジ)とお茶

 チマチマとした料理がたくさん出てくるのが実に呑兵衛向きだ。

 私たちが入った時点(午後6時過ぎ)では、店内の客は、カウンターに座る3人(それぞれひとり客)ぐらいだったが、7時までに完全に満席になった。

 昭和26(1951)年に有楽町ガード下に開店したこのお店。今年で創業65年となる。

 カウンターの中で料理を作っていた店主・藤波正規さんが、平成23(2011)年11月28日に、57歳の若さで逝去され、今はその場所で、女将さんが料理を作っている。

 勝手に料理が出てくるシステムや、ミルクワンタン、納豆焼飯などの味も継承されていて、とても安心した。

 狭いテーブル席を囲んで話も盛り上がり、3時間ほど、ゆっくりと楽しませてもらった。

 焼酎のボトルも空いて、お勘定はひとり5千円なり。

 あ~ぁ、よく飲んだ。そして超満腹! どうもごちそうさま。

Img_1620a Img_1599a Img_1600a
ミルクワンタン「鳥藤」 / 鶏スープ、冷やっこ、白菜漬 / さんま丸干焼き

Img_1601a Img_1602a Img_1603a
とろろ芋 / 竹の子とじゃが芋の煮物 / 生野菜

Img_1604a Img_1605a Img_1607a
やきとり、ししとう添え / 酢の物 / おでん

Img_1608a Img_1609a Img_1610a
ミルクスープ / パンを具材にすると美味 / 納豆+焼飯

Img_1611a Img_1614a Img_1616a
納豆を焼飯にのせて食べるのが鳥藤流 / ミルクワンタン / フルーツ(オレンジ)

店情報前回

《平成28(2016)年4月19日(火)の記録》

|

« 東京駅に出店して63年 … 酒房「日本盛(にほんさかり)」(東京) | トップページ | 今夜もやっぱり穴子天 … 大衆酒場「栄屋(さかえや)」(日ノ出町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63553353

この記事へのトラックバック一覧です: おまかせ料理で超満腹 … ミルクワンタン「鳥藤(とりふじ)」(有楽町):

« 東京駅に出店して63年 … 酒房「日本盛(にほんさかり)」(東京) | トップページ | 今夜もやっぱり穴子天 … 大衆酒場「栄屋(さかえや)」(日ノ出町) »