« お花見ホッピーの後で … 「豚の味珍(ぶたのまいちん)」(横浜) | トップページ | 広島フェア九州フェア … 「銀座じゃのめ」(銀座) »

今宵は6個の目玉焼き … やきとん道場「お山の大将(おやまのたいしょう)」(立会川)

目玉焼き


 「ホッピー仙人」主宰の『お花見ホッピー』から、「豚の味珍」(横浜駅西口)へと流れての帰り道、「最後にもう1軒!」と立会川駅で途中下車した。

 向かった先は名店とのうわさが高い「鳥勝」。私自身、まだ行くことができていない課題店でもあるのだ。

 ところが!

鳥勝 我われ二人が、まさに店に到着しようとしたその瞬間(土曜日の午後6時半ごろ)に、店の外の看板と提灯の灯りがフッと消えた。

 「えっ?」と思いつつも、念のため入口の引き戸を開けて店内をのぞいてみた。

「悪いけど今日はもう、手が回りそうにないんだ」

 まったくすまなそうな表情で、カウンターの中からそう声をかけてくれる店主。

 カウンター席とテーブル席、合わせて30席ほどの店内を、店主ご夫妻ふたりで切り盛りされているので、あまりに客が多い状態が続くと、手が回らなくなるんだろうな。

 この店に来たのは、これが3回めぐらいだと思うんだけれど、まだ一度も入れたことがない。残念だけど、また次の機会をねらうことにしよう。

 でも大丈夫。立会川の名店は「鳥勝」だけではないのだ。

 京急線の反対側(海側)に引き返して、やきとん道場「お山の大将」へと向かう。

 こちらもカウンター席とテーブル席、そして小上がりの座卓で30席強と、規模は「鳥勝」とほぼ同じ。

 そしてこちらも大将と、それをサポートする若い男性店員さんとが二人で切り盛りしている。

 なんとか空いていたテーブル席に座り、チューハイと生レモンサワーをもらって乾杯だ。

 チューハイや生レモンサワーは本来なら300~350円+消費税(以下、価格はすべて税別表記)なんだけれど、土曜日と月曜日は、お客様感謝日で、瓶ビールと銘酒以外の飲み物は、すべて250円になるんだそうな。なんともありがたいことじゃのぉ!

 追いかけるように出されたお通しは、コブクロの冷製(ゆで冷まし)。これもうまそうだ。

 この店は、かつては生卵の黄身がのった豚レバ刺しが名物だったんだけど、去年の6月以降は出せなくなった。

「いま出したら、すぐにおなわになっちゃうからなあ。あのレバ刺しの代わりになるものはないんだよ」と残念そうな大将。

 そして、いまやその代わりの一大名物が目玉焼き(550円)だ。同じ値段で、玉子の個数を1個から10個まで選ぶことができる。

 ふたりでやって来た我われは、6玉でお願いした。

 このメニュー、けっして最近できたメニューではなくて、レバ刺しがあるころからズゥ~ッと存在していた、知る人ぞ知る人気メニューなのである。

 その目玉焼きはというと、まずたっぷりの千切りキャベツが敷かれた上に、マヨネーズがたっぷりとかけられ、その上に目玉焼きが注文した個数分。そして、これまたたっぷりの魚粉(削り節粉)がトッピングされる。

 サラダをとっても、お新香をとっても、さらにはもつ焼きまでも、この店の料理はとにかくボリュームたっぷりなのだ!

 目玉焼きの他にも、今日のホワイトボードメニューから、まぐろのつくね串焼(200円)も2本注文する。

 「ブーチュー」(250円)という、見た目も美しい「焼酎のブドウ酒割り」で〆て、1時間半ほどの酒場浴。

 お花見開始から、9時間半の飲み会を終えて、家路についたのだった。

Img_1325b Img_1327b Img_1326b
やきとん道場「お山の大将」 / 生レモンハイ、チューハイ / お通しのコブクロ冷製

Img_1338b Img_1329b Img_1334b
目玉焼きの断面 / まぐろのつくね串焼 / ブーチュー

店情報前回

《平成28(2016)年4月2日(土)の記録》

|

« お花見ホッピーの後で … 「豚の味珍(ぶたのまいちん)」(横浜) | トップページ | 広島フェア九州フェア … 「銀座じゃのめ」(銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63440967

この記事へのトラックバック一覧です: 今宵は6個の目玉焼き … やきとん道場「お山の大将(おやまのたいしょう)」(立会川):

« お花見ホッピーの後で … 「豚の味珍(ぶたのまいちん)」(横浜) | トップページ | 広島フェア九州フェア … 「銀座じゃのめ」(銀座) »