« たつや名物モツカレー … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | マグロの刺身切り落し … 串焼処「くしとも」(鷺ノ宮) »

ステーキ風ブリ漬焼き … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

ステーキ風ブリ漬焼き


 沼袋「たつや」を出て、電車で3駅、ほんの5分で、自宅の最寄り駅に帰ってくるはずだったんだけれど、2駅めの都立家政とりつかせいで、フッと途中下車。

 このところしばらくご無沙汰してしまっている「竹よし」へと向かう。

 「竹よし」が開店したのは平成5(1993)年3月11日のこと。先月、創業23年を迎えたのである。

 土曜日の今日、店主を手伝う「曜日替わりの助っ人」はリエちゃん。カウンター後方のテーブル席では、これまたお久しぶりとなる荒木マタエモンさんやQちゃんが飲んでいる。

 「たつや」でホッピーを4杯いただいた後なので、ここはおとなしくサッポロラガービール(中瓶500円)にしておく。

 つまみは何にしようかなあ、とホワイトボードのメニューを眺めていたら、となりの席の常連さんから「今日はブリ(500円)がおいしかったですよ」と勧められた。

 ネタケースを見ると、漬け焼き用のタレに浸した大きなブリの切り身が、デーンと置かれている。

 これが最後の1切れなんだそうな。

 「おいしかった」と勧められ、「最後の1切れ」という話を聞くと、もうこれを注文するしかない。

「このブリ! 焼いてくださいっ!」

「はいはい。ブリにしますか」

 と嬉しそうにブリを取り出す店主。

 横浜の魚屋の次男坊として生まれた店主は、とにかく魚好き。魚を扱っているときは、いつもとっても幸せそうな顔を見せてくれるのである。

 地元の常連さんたちとワイワイと話しながら待つことしばし。

 ドンと分厚い、まるでステーキのようなブリが焼きあがってきた。

 焼きたての熱々のところに箸を入れて、さっそくひと口。

 ん~~~。いいねえ。

 ゆっくりと味わおうと思っていたんだけど、食べ始めるともう箸が止まらなくなってしまった。

 寒ブリの季節を過ぎても、ブリはやっぱりおいしいなあ。

 1時間ほど楽しんで、今日のお勘定はちょうど1,000円でした。どうもごちそうさま。

Img_1438b Img_1439b
「竹よし」 / 赤星(サッポロラガービール)

店情報前回

《平成28(2016)年4月9日(土)の記録》

|

« たつや名物モツカレー … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | マグロの刺身切り落し … 串焼処「くしとも」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63486902

この記事へのトラックバック一覧です: ステーキ風ブリ漬焼き … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» 久々の天ぷら盛り合せ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 北海道(札幌)から一時帰宅されているにっきーさんと巡る西武新宿線沿線酒場。  2軒めは都立家政の「竹よし」である。  少し前までは、月曜定休、火曜は「焼き魚の日」、水~日曜の5日間が通常営業だったんだけれど、今は定休日(月曜)は変わらず、火曜と水曜の二日間が「天ぷらの日」になり、木~日曜の4日間が通常営業となったようだ。  なぜ火曜日や水曜日が、「焼き魚の日」になったり、「天ぷらの日」になったり... [続きを読む]

受信: 2016.05.05 17:50

« たつや名物モツカレー … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | マグロの刺身切り落し … 串焼処「くしとも」(鷺ノ宮) »