« 〔コラム〕 さらに続く、一日一麺 | トップページ | 〔コラム〕 野毛の立ち食いそば屋「越」 »

いまや二代目の安定感 … ジャズと演歌「パパジョン(papajohn)」(桜木町)

在りし日の秀二さんと研一さん


 創業店主の故・島村秀二さんは、今はなき横浜・元町のゴーゴーバー「アストロ」などでバーテンダーとして働いたあと、昭和55(1980)年3月、43歳のときに独立して「パパジョン」を開店した。

 それ以来、年中無休の営業を続け、平成20(2008)年2月14日に70歳で亡くなられ、そのお通夜が営まれた2月17日前夜までの10,188日間(28年弱)、二代目となる息子の研一さん(当時30歳)へと経営がリレーされながら、前人未到の連続営業記録を築き上げたのだった。

 二代目になってからは、毎週火曜日が定休日となった以外は、お父さんと変わらぬ営業スタイルを続けてくれている。

 そう言えば、演歌がかかることもなくなったのかな?

 店の看板には「ジャズと演歌 パパジョン」と書かれているが、その演歌は美空ひばりの歌のこと。

 先代の秀二さんは、横浜出身の美空ひばりと同じ昭和12年の生まれ。

 そのこともあって、美空ひばりの歌だけは、ジャズと同様に大事にしたんだそうな。

 そんな秀二さんが亡くなって、はや8年。

 今や「パパジョン」も、すっかりケンちゃん(二代目の研一さん)のお店として、安定感が出てきたように感じる。

 実は、この店に来る前に、「日の出理容院」にも寄ってきた。

 私がブラジルに赴任した平成26(2014)年6月、「日の出理容院」を一人で切り盛りしていた女性バーテンダーが、新しい人に交代していたのだった。

 それ以来、久しぶりの「日の出理容院」だったんだけれど、私の中では、前のバーテンダー・めぐみさんのイメージが強くて、なんだか違う店で飲んでいるような、ちょっと落ち着かない気分だった。

 ここ「パパジョン」もそうだった。秀二さんが亡くなって数年間は、秀二さんの面影がどうしても頭から離れなかった。

 今回、はじめてその感じがなくなって、ゆっくりと「二代目・研一さんのパパジョン」を堪能することができたように思う。

 角ハイボールをいただきながら、1時間ほど楽しんで、今夜のお勘定は1,400円。

 どうもごちそうさま。また来ます。

Img_1688d Img_1690d Img_1695d
「日の出理容院」 / ハイボール / 立ち飲み屋もにぎわっている

Img_1701d Img_1702d Img_1704d
「パパジョン」 / 角ハイボール / お通しのおつまみセット

店情報前回

《平成28(2016)年4月22日(金)の記録》

|

« 〔コラム〕 さらに続く、一日一麺 | トップページ | 〔コラム〕 野毛の立ち食いそば屋「越」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63570041

この記事へのトラックバック一覧です: いまや二代目の安定感 … ジャズと演歌「パパジョン(papajohn)」(桜木町):

« 〔コラム〕 さらに続く、一日一麺 | トップページ | 〔コラム〕 野毛の立ち食いそば屋「越」 »