« 午後5時開店と同時に … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | 早くもあの世で7年生 … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »

久々の天ぷら盛り合せ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

海老天ぷら


 北海道(札幌)から一時帰宅されているにっきーさんと巡る西武新宿線沿線酒場。

 2軒めは都立家政の「竹よし」である。

 少し前までは、月曜定休、火曜は「焼き魚の日」、水~日曜の5日間が通常営業だったんだけれど、今は定休日(月曜)は変わらず、火曜と水曜の二日間が「天ぷらの日」になり、木~日曜の4日間が通常営業となったようだ。

 なぜ火曜日や水曜日が、「焼き魚の日」になったり、「天ぷらの日」になったりするかというと、そこが店主のひとり営業の日(曜日替わりの手伝いの女性が入らない日)だから。

 ひとりでの営業なので、メニューを絞って、店主ひとりでも切り盛りしやすいようにしているのでした。

 しかしながら、土曜日の今日も、どういうわけだか店主ひとりで営業中。

 お客さんはけっこう入っていて、料理が追いついていない状態。

 我われ二人も、冷蔵庫から赤星(サッポロラガー中瓶500円)を取ってきて飲みはじめる。

 しばらくして、やっと店主の手が空いたところで、入口近くに座っているお客さんから、天ぷらの注文が入った。

「すみません。こっちも天ぷら盛り合わせ(1,000円)をお願いします」

 ここぞとばかりに便乗注文すると、他の常連さんたちからも天ぷらの便乗注文が入る。

 天ぷらは、我われが注文した「盛り合わせ」の他に、「かき揚げ」(800円)と、野菜の単品(各200円)がある。

 野菜天ぷらは、たらのめ、竹の子、ふきのとう、大しいたけ、なす、こごみ、アスパラ、かぼちゃの8品が選べる。

 そして天ぷら盛り合わせが、揚がった順に出始めたところで、飲みものを「高清水 辛口生貯」(300ml瓶600円)に切り替える。

 天ぷら盛り合わせは、日によっても変わるようだが、今日はエビ2本→なす→キス→ふきのとう、という5品が出された。

 天ぷらに続いては、ここでも「焼きそらまめ」(500円)をもらって、飲みものは「澤乃井 本醸生」(300ml瓶600円)。

 2時間ちょっとの酒場浴。お勘定は二人で3,200円(ひとり1,600円)だった。

 今夜は久しぶりに「竹よし」の天ぷらを食べることができて良かったなあ。どうもごちそうさま。

Img_1737b Img_1739b Img_1740b
「竹よし」 / 天ぷら用の温かい天つゆ / 「高清水」辛口生貯

Img_1741b Img_1743b Img_1744b
海老天ぷら / なす天ぷら / きす天ぷら

Img_1746b Img_1748b Img_1749b
ふきのとう天ぷら / 焼きそらまめ / 「澤乃井」本醸生

店情報前回

《平成28(2016)年4月23日(土)の記録》

|

« 午後5時開店と同時に … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | 早くもあの世で7年生 … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63574177

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の天ぷら盛り合せ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» アユほろ苦く、夏近し … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 あぁ。「竹よし」の今日のネタケースには鮎(あゆ)が並んでいる。  新緑の季節に、灰緑色に輝く鮎の身体のなんと美しいことよ!  今日は絶対にこれにしよう。 「鮎の塩焼き(550円)をお願いします」 「はい。今日は鮎にしますか」  魚好きな大将(マスター)も、季節の鮎の注文に笑顔を見せてくれる。  つまみを注文しておいてから、冷蔵ケースに日本酒を探しにいく。  おろっ。広島の酒、「賀茂鶴(かもつる)... [続きを読む]

受信: 2016.05.16 23:31

« 午後5時開店と同時に … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | 早くもあの世で7年生 … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »