« 〔コラム〕 野毛の立ち食いそば屋「越」 | トップページ | 久々の天ぷら盛り合せ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

午後5時開店と同時に … やきとん「たつや」(沼袋)

冷製の盛り合わせ


 昨年(2015年)の9月から、北海道(札幌)に単身赴任されている酒友・にっきーさんが一時帰宅されたので、開店と同時に「たつや」で飲むことにした。

 まずは黒ホッピー(セット400円)をもらって乾杯する。

 つまみには「冷製の盛り合わせ」(500円)と、初ものだという「鹿児島産・そら豆のあぶり焼き」(250円)を注文した。

 出された冷製盛り合わせは、れば、こぶくろ、がつの冷製の3種盛り。

 生のレバ刺しも美味しかったけれど、ゆで冷ました冷製のレバもいいですねえ!

 そしてもつ焼き用の焼き台(炭火)でじっくりと焼かれたそら豆。熱々ホクホクと本当にうまいっ。

 ホッピーのナカ(焼酎おかわり250円)もおかわりしながら、積もる話に花が咲く。

 北海道の冬は、それはそれは厳しい寒さだったそうな。

 私自身、日本国内で行ったことのある北限は、スパリゾートハワイアンズ(かつての常磐ハワイアンセンター、福島県いわき市)でしかないので、北海道はまだその先の先の先。

 でも、にっきーさんが赴任されている間に、ぜひ1度は行ってみたいなあ。

 ここ「たつや」の店主、“たっつん”こと藤井龍成さんは、にっきーさんが単身赴任されてすぐに、ご夫婦で北海道を訪問されたんだそうな。

 私が呉に単身赴任していたときも、たっつんがご夫婦で来てくれて、呉・江田島を飲み歩いたことを思い出した。(→そのときの記録:〔その1〕〔その2〕〔その3〕)

 つまみに「しろ」(110円)と「かしら」(110円)の「もつカレーがけ」(+100円)をもらい、にっきーさんが「ガリっ酎」(450円)という、薄切り生姜の甘酢漬けが入った焼酎を追加注文するころには、店内はすっかり満席になった。

 外には空席待ちの行列もできてきたので、口開けから2時間ほど飲んでいる我われは、そろそろ河岸かしを変えることにした。

 どうもごちそうさま。

Img_1722a Img_1727a Img_1730a
黒ホッピー / 鹿児島産・そら豆のあぶり焼き / サヤから出して皮ごといただく

Img_1732a Img_1733a Img_1736a
もつカレーがけ / 中身はシロとカシラ / ガリっ酎

店情報前回

《平成28(2016)年4月23日(土)の記録》

|

« 〔コラム〕 野毛の立ち食いそば屋「越」 | トップページ | 久々の天ぷら盛り合せ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63573271

この記事へのトラックバック一覧です: 午後5時開店と同時に … やきとん「たつや」(沼袋):

» 玉ネギは炭火焼が旨い … やきとん「たつや」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 もつ焼き屋の炭火で焼いてもらう玉ネギ(140円)がうまい。  串切りにした玉ネギに串を打ち、まずは電子レジでかるく温める。  しかる後に、表面を炭火で炙って、焼き色をつけていく。  味付けは、塩でも、タレでも、そして味噌でも。どれを選んでも美味しいところを、今日はタレ焼きにしてもらう。  仕上げに、少量のマヨネーズが添えられる。  もつ焼きの場合は、出されたらすぐに、熱々のものを串から直接食べる... [続きを読む]

受信: 2016.06.20 21:07

« 〔コラム〕 野毛の立ち食いそば屋「越」 | トップページ | 久々の天ぷら盛り合せ … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »