« おひとりのお客様限定 … 魚専門「みはる食堂」(野方) | トップページ | 秋元さんと大いに呑む … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

酒場であり食堂であり … 「信濃路(しなのじ)」(鶯谷)

カレイ煮つけ


「昭和の時代には、男尊女卑なんてことも言われてたけど、いまは逆。女のほうが上。女尊男卑じょそんだんぴだよな」

「本当にそう思うよ。オレなんかいつも、カミさんの3歩後ろじゃなくて、3メートルぐらい後ろを歩いてるもんなあ……」

 左どなりの男性二人連れがそんな話で盛り上がっているなか、右どなりの男性ひとり客はというと、左手でスマホを操りながら、右手には箸を持って酢豚(350円)をつまみながら黒ホッピー(370円)を飲んでいる。

 この酢豚が、350円という値段からは想像できないほど、豚肉のボリュームもたっぷりで、ホカホカと立ち上る湯気の甘酸っぱい香りが、まわりの人たちの食欲まで刺激する。

『次にこの店に来たら、絶対に酢豚を食べよう』

 私自身も、早くも次の来店のことを考え始めている。

 ここはJR山手線・鶯谷駅のすぐ近くにある、24時間営業・年中無休の食堂(兼)酒場、「信濃路」だ。

 金曜日ということもあるのか客は多くて、今も3人連れでやってきたグループ客が、「ごめんなさい、満席です」と断られたところだ。

 飛び飛びに1席ずつ、数席分ぐらいは空いてるみたいなんだけれど、まとまって3席分は空いてないんだろうな。

 私は、シメサバ(500円)をつまみにホッピー(370円)を飲んでいる。

 本当はカツオタタキ(500円)を注文したんだけど、残念ながら売り切れていて、シメサバになったのだった。

 刺身系の500円というのは、この店ではけっこう高価なつまみだ。マグロ、タコ、イカとシメサバの4品(いずれも500円)が定番で用意されている他に、カツオタタキのような、日替わりの刺身が何品か加わるようだ。

「すみません! ナカとアジフライね!」

 背後の、壁に作り付けのカウンター席に座っているお客さんから注文が飛ぶ。

 ナカ(ホッピーの焼酎おかわり)は250円で、アジフライは180円。コロッケ130円、メンチカツ190円なんてのも安いよね。

 ちなみに私の近くに4~5人ほどいる店員さんは、すべてアジア系の外国人。

 ブラジルの酒場で飲んでたときは、我われ日本人がたどたどしいポルトガル語で注文してたけど、ここ「信濃路」では、店員さんたちがたどたどしい日本語で注文を受けてくれる。立場は逆だけど、なんだかブラジルの酒場に戻ったようで、すごく親近感を感じるなあ。

 そのおねえさん同士も、たどたどしい日本語で会話したりしてるのがおもしろい。きっとお国(母国)が違ってて、それぞれにネイティブな言語が違うんだろうな。(ちなみに同じ母国語のおねえさん同士は、その母国語で会話しているようです。)

 ホッピーのナカをもらって、カレイの煮つけ(400円)を追加注文する。

 カレイの煮つけは、あらかじめ調理されているものを電子レンジで温めなおして、「お皿、熱いので気をつけてくださいね」と言いながら出してくれた。

 グイッと醤油辛い味つけが下町風か。これはまた酒が進むのぉ。

 このカレイ。それほど大きくはないものの、頭だけ落とした、丸ごと1尾の煮つけである。

 ちょうど半身を食べ終えたところで、さらにナカをもらう。ナカと同時に、氷もたっぷりと足してくれるので、ソト(瓶のホッピー)の入るすき間はほとんどない。濃いねぇ~っ!

 ところで、ここ「信濃路」の看板には、「お食事と呑み処 信濃路 鶯谷店」と書いてある。

 わざわざ「鶯谷店」と書いているところを見ると、他にも「信濃路」があるのかなと思って探してみると、どうやら平和島蒲田大森などにも店舗があるようだ。

 平和島も蒲田も大森も、すべて大田区内で、それぞれ近い。だとすると、ここ鶯谷店だけがそれら3店舗からは離れて、ポツンと台東区にあるということなのか。他の3店にも行ってみなきゃね。

 1時間40分ほどの酒場浴。ホッピー・ソト1ナカ3に料理2品で、今日のお勘定は1,770円でした。どうもごちそうさま。

Img_2264a Img_2266a Img_2267a
「信濃路」 / ホッピー / シメサバ

店情報前回

《平成28(2016)年5月20日(金)の記録》

|

« おひとりのお客様限定 … 魚専門「みはる食堂」(野方) | トップページ | 秋元さんと大いに呑む … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

上京した時は必ず行きます。
 あの雰囲気、いいですね。

投稿: 60代のヒロシです | 2016.05.25 07:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63679402

この記事へのトラックバック一覧です: 酒場であり食堂であり … 「信濃路(しなのじ)」(鶯谷):

« おひとりのお客様限定 … 魚専門「みはる食堂」(野方) | トップページ | 秋元さんと大いに呑む … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »