« 店情報: お食事処「磯之河(いそのかわ)」(光洋台@松山市) | トップページ | 帰京したら即もつ焼き … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

瀬戸内海の地魚に舌鼓 … お食事処「磯之河(いそのかわ)」(光洋台@松山市)

鯛御膳


 愛媛を代表する魚、たい

 鯛の全国年間生産量約7万1千トンのうち、半数以上の約4万トンが愛媛県産だというんだから驚くよねえ。

 平成5(1993)年には、その鯛が『愛媛の県魚』として認定された。

 そんなわけで、愛媛は松山に帰省しての1食めは、お食事処「磯之河」の鯛御膳(2,160円)である。

 この定食には、鯛の刺身、鯛のあら煮(かぶと煮)、鯛釜めし(鯛めし)、鯛の潮汁うしおじるという鯛づくしに加えて、海藻サラダ、茶碗蒸し、お新香が付いている。じつに豪華だ。

 ランチタイムなんだけれど、これだけの内容であれば絶対に飲むよねえ。せっかくの鯛なんだから、飲まなきゃもったいない。

 他の料理もさることながら、特に鯛釜めしが絶品。ごはんであるにもかかわらず、そのまま素晴らしい酒のつまみにもなる。

 ちょっと分けてもらった「たこ釜めし」もまた瀬戸内の味だ。

 帰省初日からこんな感じで、その後も1週間ほど実家でゆっくりとしている間に、オコゼの刺身やオコゼの唐揚、オコゼの味噌汁というオコゼづくしや、メバルの煮つけ、ママカリの酢漬けなどなどを、毎日のようにいただきながら、愛媛の地酒をちびりちびり。

 庭に生えてたタラの芽の天ぷらや、焼いたそら豆なんかも美味しかったなあ。

 瀬戸内の海の幸・山の幸をたっぷりといただいた連休となった。

Img_1838za Img_1838ya Img_1838xa
鯛刺身 / 鯛かぶと煮 / 鯛釜めし

Img_1858a Img_1861a Img_1863a
とれたて大根とその葉っぱ / そら豆 / おこぜ刺身

Img_1865a Img_1867a Img_1877a
めばる煮付け / おこぜの味噌汁 / おこぜ唐揚げ

Img_1886a Img_1889a Img_1900a
じゃこ天 / ママカリ酢漬けと梅錦 / タラの芽の天ぷら

店情報

《平成28(2016)年4月30日(土)~5月6日(金)の記録》

|

« 店情報: お食事処「磯之河(いそのかわ)」(光洋台@松山市) | トップページ | 帰京したら即もつ焼き … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63616826

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内海の地魚に舌鼓 … お食事処「磯之河(いそのかわ)」(光洋台@松山市):

« 店情報: お食事処「磯之河(いそのかわ)」(光洋台@松山市) | トップページ | 帰京したら即もつ焼き … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »