« にっきーさん名古屋へ … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) | トップページ | 創作料理が止まらない … 食酒「みちのくらさん」(西荻窪) »

〔コラム〕 懐かしの「かめや」のうどん

「かめや」のうどん


 松山駅(愛媛県)で、空港行きリムジンバスを待つ間に、駅前の「かめや」で、『かけうどん』(340円)をいただく。

 高校生のとき、松山まで電車通学をしていた。

 中間試験や期末試験で、午前中だけで帰宅するときに、いつも通学仲間たちと昼食を食べていたのが、ここ「かめや」だったのである。(場所は今とはちょっと違うところだったが……。)

 食べるのはいつも『大増しうどん』。

 『すうどん』の大盛りである。

 『大増し』の読み方はきっと「だいまし』なんだろうけど、誰が言い出したのか、みんな『だいまわしうどん』と呼んでいて、我われもそうやって注文していた。

 「かめや」の『すうどん』には、刻みネギの他に、斜めにスライスした竹輪が数切れ入っていて、さらに『天かす』もテーブル上に置かれていて、無料で入れ放題。ごっそりと山盛りにして食べていた。

 今は『かけうどん』と、その呼び方も標準語風になり、『大増し』とは言わずに『大盛り』(プラス100円)となってしまっているのが、ちょっと淋しいなあ。

 でも竹輪が入ってたり、天かすを好きなだけ入れられるのは昔のまま。

 麺も、つゆの味も、昔のままのようで、これはうれしい。

 つゆまで、すっかり完食して、丼の底に描かれている亀の模様を確認してから席を立った。

 どうもごちそうさま!

 松山から東京へと向かう便は、久しぶりに窓際の席。

 予約するときに座席表を見ると、たまたま窓際の席が空いていたので、「たまには窓際席で景色を見ながら帰ろうか」と、その席を予約したのだった。

 ところが!

 この日の松山地方の天候は雨。

 雨雲を突き抜ければ雲海が広がっているかと期待したのだが、上がっても上がっても雲を突き抜けない。

 けっきょく雲の中での水平飛行となった。

 せっかくの窓際席の外は、羽田空港に着陸する寸前まで(=雲の下に出るまで)、ただただ真っ白。なんにも見えなかった。

 うどんは美味しかったのに、飛行機はついてなかったのぉ。。。

 でも東京ディズニーリゾートがチラッと見えたから、それで良しとするか。

Img_1907a Img_1908a Img_1910a
うどん「かめや」 / かけうどん / 汁まで完食!

Img_1915a Img_1916a Img_1917a
松山空港を離陸 / 窓の外は真っ白 / 着陸直前に東京ディズニーリゾート

《平成28(2016)年5月6日(金)の記録》

|

« にっきーさん名古屋へ … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) | トップページ | 創作料理が止まらない … 食酒「みちのくらさん」(西荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63598129

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム〕 懐かしの「かめや」のうどん:

« にっきーさん名古屋へ … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) | トップページ | 創作料理が止まらない … 食酒「みちのくらさん」(西荻窪) »