« ボール煮込み豆もやし … もつ焼き「江戸っ子(えどっこ)」(立石) | トップページ | おひとりのお客様限定 … 魚専門「みはる食堂」(野方) »

最後はやっぱりここで … 「二毛作(にもうさく)」(立石)

おでん


 宇ち中さんと二人で、「宇ち多゛」「江戸っ子」と立石をハシゴして、「最後にもう1軒!」と3軒めを探ります。

 本来であれば、今日の〆は、宇ち中さんの行きつけの1軒である、京成高砂駅近くの「高砂家」のはずだったのだが、残念ながら今週から「高砂家」は臨時休業中。

 そこで3軒めも立石エリア内で探すことにした。

 「江戸っ子」を出ると、すぐ近くにあるのが昨年(2015年)5月に、線路の反対側から、ここ「呑んべ横丁」の中に移転してきた「串揚100円ショップ」。

 午後9時を回ったこの時間帯、すでに店頭の灯りは消え、店内に残っている数人のお客さんが帰れば閉店するような状態。もっと早い時間に来なきゃいけないなあ。

 続いて、餃子の店「蘭州」(こちらは午前2時までの営業)に向かうと、なんと店の外に待ち行列ができている。さすが、こちらも人気店だなあ。

 そんなわけで、今日もやっぱり「二毛作」に行くことに決定。

 実は4日前の土曜日にも、宇ち中さんと一緒に「不毛作」(←「二毛作」の2階で開催されたイベント店)にやって来たばかり。いつもいつも酔っ払ってやって来て、申しわけない限りなのである。

 そして今日も今日とて、生ビール(アサヒプレミアム熟撰、600円)をもらって乾杯だ。

 最初のビールに続いては、一貫して焼酎梅割りや焼酎ハイボールを飲み続けてきたので、最後の最後でいただく生ビールが心地よい。

 あれやこれやと話をしながらゆっくり飲んで、2杯めの生ビールに入るころになってやっと「そうだ! 料理をたのまなきゃ!」ということで、看板メニューのおでんを、盛り合わせで出してもらった。

 1時間半ほど愉しんで、お勘定は二人で4,300円(ひとり当たり2,150円)ほど。今夜もどうもごちそうさま!

Img_2240c Img_2252c Img_2244c
「二毛作」 / 生ビール / お通しイカ明太

Img_2242c Img_2241c Img_2249c
本日のおすすめ / 飲みものメニュー / 地酒のラインナップ

店情報前回

《平成28(2016)年5月18日(水)の記録》

|

« ボール煮込み豆もやし … もつ焼き「江戸っ子(えどっこ)」(立石) | トップページ | おひとりのお客様限定 … 魚専門「みはる食堂」(野方) »

コメント

店名が変わっているのではないでしょうか?

おでん二毛作→丸忠かまぼこ店

http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13022522/

投稿: izac | 2016.05.29 18:28

izac様

コメントをいただき、ありがとうございます。

「二毛作」は、平成27(2015)年3月に京成線の線路沿いに移転し、リニューアルオープンいたしました。今回の記事は、そのお店のことを書いています。
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13180100/

コメントに書いていただいたとおり、かつての「二毛作」は、現在は「丸忠蒲鉾店」直営の「丸忠かまぼこ店」という店名で、「二毛作」当時と同様の営業を継続中です。

ファンから見ると、「二毛作」が2軒になったような感じですね。

しかも、ネタも両店で違っていたりするので、楽しみも倍増している感じです。

ぜひ両店でのハシゴ酒をお楽しみください。

投稿: 浜田信郎 | 2016.05.29 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63666520

この記事へのトラックバック一覧です: 最後はやっぱりここで … 「二毛作(にもうさく)」(立石):

» 白子グラタン柚子釜焼 … 「二毛作(にもうさく)」(京成立石) [居酒屋礼賛]
 「宇ち多゛」を出たところで、午後12時45分。まだ土曜日の真昼間である。  普通の街にいたら、この次に行くあてもなくて途方に暮れるぐらいの時間帯なのだが、なにしろここは立石、開いてる店はいくらでもある!  たくさんの候補の中から、宇ち中さんと二人でフラフラとやってきたのは、おでんの「二毛作」だ。  もともとは、仲見世商店街の「丸忠蒲鉾店」の店先で始まった小規模な店だった。  昼間は「丸忠蒲鉾店」... [続きを読む]

受信: 2016.12.02 22:00

« ボール煮込み豆もやし … もつ焼き「江戸っ子(えどっこ)」(立石) | トップページ | おひとりのお客様限定 … 魚専門「みはる食堂」(野方) »