« 最後はバリカタで〆る … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) | トップページ | 豆腐と油の相性が抜群 … 「兵六(ひょうろく)」(神保町) »

堀越さんと中酒で呑む … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央)

堀越さん&みっちゃん


 「ホッピー仙人」に「堀越ほりこしさん」という、人気オリジナルカクテルがある。

 これは青リンゴサワーと白ホッピーをハーフ&ハーフにしたもので、1杯が800円。

 ホッピーの淡い黄金色から、青リンゴサワーの涼しそうな淡緑色へのグラデーションが美しいうえに、青リンゴの甘酸っぱい味わいが、のどにも心地いいのである。

 この「堀越さん」。堀越さんという方が「青リンゴサワーと白ホッピーを混ぜて作って」というお願いをして、仙人に作ってもらったカクテルだから、その名が付いたんだそうな。

 そんな堀越さんご本人に、今日は「中央酒場」(略称「中酒ちゅうさか」)で初めてお会いした。

 横須賀在住の酒友・みっちゃんに「横須賀に飲みに行くよ」という連絡を入れたところ、同じく横須賀在住の堀越さんにも連絡をしてくれたのである。(ありがとう!>みっちゃん)

 堀越さんは、ホッピービバレッジ株式会社の元社員。ホッピー文化を横須賀に根付かせた第一人者として、同社から「ホッピー大使」にも任命されている。

 実は青リンゴサワーも、ホッピービバレッジの商品のひとつ。

 堀越さんのホッピー愛(ホッピービバレッジ愛?)から生まれたカクテルが、「ホッピー仙人」の「堀越さん」だったんですね。

 まだ飲んだことがない方は、ぜひ「ホッピー仙人」でお試しください。

 さて、「中央酒場」。

 昭和28(1953)年創業のこの酒場は、昭和朝10時から、夜の10時半まで、中休みなしの営業で横須賀の呑兵衛たちを受け入れてくれる。

 140mlの焼酎で作る濃いめの三冷ホッピー(450円)が大人気だ。

 つまみには、上面に練りガラシを塗った「湯どうふ」(400円)や、安くてボリュームたっぷりの「げそ天ぷら」(450円)。そして今日は残念ながら「しこ刺身」(450円)がなかったので、そのかわりに「いわし刺身」(450円)をもらった。

 ちなみに「しこ刺身」の「しこ」というのは、カタクチイワシ(=シコイワシ)のこと。広島で小イワシと呼んだり、愛媛などでホウタレイワシと呼んだりするのと同じものだ。

 午後2時過ぎに飲み始めたのに、店を出たのは5時過ぎ。3時間もの長っちりになってしまった。どうもごちそうさま。

Img_4540c Img_4542c Img_4544c
横須賀のホッピーは濃いぞ! / 湯どうふ / げそ天ぷら

Img_4546c Img_4551c Img_4553c
2杯めは黒ホッピー / いわし刺身 / そして燗酒

店情報前回

《平成27(2015)年12月19日(土)の記録》

|

« 最後はバリカタで〆る … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) | トップページ | 豆腐と油の相性が抜群 … 「兵六(ひょうろく)」(神保町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63694515

この記事へのトラックバック一覧です: 堀越さんと中酒で呑む … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央):

« 最後はバリカタで〆る … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) | トップページ | 豆腐と油の相性が抜群 … 「兵六(ひょうろく)」(神保町) »