« 平日夕方にゆったりと … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) | トップページ | 最後はやっぱりここで … 「二毛作(にもうさく)」(立石) »

ボール煮込み豆もやし … もつ焼き「江戸っ子(えどっこ)」(立石)

ボール・煮込み・豆もやし


 「宇ち多゛」を出て、宇ち中さんと一緒に向かった2軒めは、『立石の関所』こと、「江戸っ子」である。

 ここに来るのはなんと7年ぶり。

 立石に来ると、どうしても「宇ち多゛」に寄ってしまうので、同じ系統(=もつ焼き屋)である、ここ「江戸っ子」や「ミツワ」に、なかなか来ることができずにいるのでした。

 平日(水曜日)の午後8時というこの時間帯ながら、「江戸っ子」は満席で、入口前には5人ほどの行列ができていて、我われ二人もその後ろに並んだ。

 すぐに先頭の2~3人が店内へと入り、我われの前のグループに、「テーブルに相席でもいいですか?」と声がかかる。

「いや、カウンターが空くのを待ちます」

「その次の方はどうですか?」と我われのほうにお鉢が回ってきた。

「私らはテーブルでいいです」

 ということで、ほとんど待つ間もなく店内に入ることができた。

 しかも、そのテーブル席(6人掛け)に先客として座っていた3人組は、少し前まで「宇ち多゛」で一緒に飲んでいた人たちだ。考えることは同じだなあ。

「ボールを二つ、お願いします」

 『ボール』というのは、この店の名物、『江戸っ子“特製”焼酎ハイボール』(350円)のこと。この店では、ほとんどの客がボールを飲んでいる。

 そして、つまみの名物は煮込み(360円)だ。

「豆腐がなくなったんですけど、それでもいいですか?」

「ええ、いいですよ。あと『豆もやし』(200円)もください」

 ここの煮込みは白味噌で、大根も入ってる。「宇ち多゛」の赤味噌で、もつ100%の煮込みとは対照的だ。どっちも捨てがたいなあ。

 豆もやしも人気があるようで、相席の3人組も、やっぱり豆もやしをもらってる。

 今日はお腹いっぱいなので注文しないが、ここのもつ焼きは4本1皿で360円。1本あたり90円だ。

 レバ、シロ、カシラ、ナンコツ、アブラは、それぞれ2本ずつを組み合せて1皿にしてもらうことができる。タンとハツも、2本ずつで1皿にしてもらうことができる。

 味付けは通常の塩、タレ(甘ダレ)の他に、辛ダレというのも選べる。

 入店してから1時間。午後9時にはもう閉店だ。

 お勘定は二人で2,310円(ひとり当たり1,155円)だった。どうもごちそうさま。

Img_2234b Img_2224b Img_2225b
ボール / 煮込み / 豆もやし

店情報前回

《平成28(2016)年5月18日(水)の記録》

|

« 平日夕方にゆったりと … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) | トップページ | 最後はやっぱりここで … 「二毛作(にもうさく)」(立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63664803

この記事へのトラックバック一覧です: ボール煮込み豆もやし … もつ焼き「江戸っ子(えどっこ)」(立石):

« 平日夕方にゆったりと … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) | トップページ | 最後はやっぱりここで … 「二毛作(にもうさく)」(立石) »