« 職業が『酒場めぐり』 … 「にしきや」(千駄木) | トップページ | 今が旬!ヤングコーン … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

黒ホッピー発祥の酒場 … やきとり「たつや」(恵比寿)

もつ煮どうふ&黒ホッピー


 「もつ煮どうふ」(470円)は、恵比寿「たつや」の名物のひとつ。

 注文を受けてから、豆腐を煮込み鍋に入れて仕上げるらしく、出てくるまでにちょっと時間がかかる。

 出てきた「もつ煮どうふ」はボリュームたっぷり!

 直径が丼なみで、深さは小鉢ほどの、深い丸皿にドーンと盛られてくる。

 てっぽう、しろなどの豚もつと豆腐の他に、大根、ニンジン、コンニャク(黒っぽいのと白っぽいのと2種類)などが一緒に煮込まれている。

 最後にたっぷりの刻みネギをトッピングしたらできあがりだ。

 これに卓上の一味唐辛子を振りかけていただく。優しいみそ味がいいんだなあ。

 この「もつ煮どうふ」に合わせる飲みものは黒ホッピー(470円)である。

 実はここ「たつや」は、黒ホッピーができる元になった店でもある。

 まだ黒ホッピーがなかった時代に、「たつや」のお客さんが、焼酎を入れたジョッキに、ホッピーの代わりにギネスビールを入れて飲んでいた。

 その飲み方を知った当時のホッピービバレッジの社長(現会長・石渡光一氏)が黒ホッピーの作りはじめた。

 黒ホッピーの誕生は平成4(1992)年のこと。昭和23(1948)年にホッピーが誕生してから、44年後のことだった。

 そして今も「たつや」のメニューにはギネスビール(710円)が並んでいる。

 「たつや」に来たのは3年ぶり。

 1階奥の壁際に設置されたカウンター席に座り、ホッピー(470円)と「がつ刺し」(380円)からスタートした。

 学生時代の同級生・Kさんに初めてこの店に連れてきてもらったときに、最初に注文してくれた料理が、この「がつ刺し」だったのだ。

 当時は豚もつのことなんて、まったくと言っていいぐらい知らなくて、「がつ刺しってなに?」みたいな状態だったのだ。

 あれは平成8(1996)年ごろだったと思うので、もう20年も前なんだなあ。

 1時間ちょっとの酒場浴。今夜のお勘定は1,790円なり。どうもごちそうさま。

Img_2690a Img_2691a Img_2693a
「たつや」 / ホッピー / がつ刺し

店情報前回

《平成28(2016)年6月9日(木)の記録》

|

« 職業が『酒場めぐり』 … 「にしきや」(千駄木) | トップページ | 今が旬!ヤングコーン … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63759638

この記事へのトラックバック一覧です: 黒ホッピー発祥の酒場 … やきとり「たつや」(恵比寿):

» 名物ガツ刺でホッピー … やきとり「たつや」(恵比寿) [居酒屋礼賛]
 会社近くでの忘年会の帰りに途中下車して、恵比寿在住のIさんと一緒にやってきたのは、恵比寿駅前のやきとり屋、「たつや」(駅前店)である。  朝8時から、翌朝5時までの21時間営業。ほぼいつでも開いている。  でも知名度が高く、人気もあるので、席はなかなか空いていないのだ。  1階の入口引き戸を少しだけ開けて、中のおにいさんに「二人です」と伝えると、「ちょっと待ってくださいね」と、ほんの1分ほどで「... [続きを読む]

受信: 2016.12.20 22:00

« 職業が『酒場めぐり』 … 「にしきや」(千駄木) | トップページ | 今が旬!ヤングコーン … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »