« 元気玉でパワーを注入 … やきとん「元気(げんき)」(秋葉原) | トップページ | つい足が向いてしまう … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »

玉ネギは炭火焼が旨い … やきとん「たつや」(沼袋)

玉ねぎ


 もつ焼き屋の炭火で焼いてもらう玉ネギ(140円)がうまい。

 串切りにした玉ネギに串を打ち、まずは電子レジでかるく温める。

 しかる後に、表面を炭火で炙って、焼き色をつけていく。

 味付けは、塩でも、タレでも、そして味噌でも。どれを選んでも美味しいところを、今日はタレ焼きにしてもらう。

 仕上げに、少量のマヨネーズが添えられる。

 もつ焼きの場合は、出されたらすぐに、熱々のものを串から直接食べるのがうまい。

 玉ネギの場合は、そうやって食べるとアッという間に食べ終わってしまうので、あえて串から抜きながら、層になった玉ネギを、1枚、また1枚と、マヨネーズをからめながらいただく。

 ホワンと温かい玉ネギの甘みに、炭火で炙られた芳ばしさが加わる。これがいいんだ。

 金曜日の今日、「たつや」に到着したのは7時半過ぎ。

「どうしたんですか? こんなに早く」

 と店主にビックリされながら席に着いた。

「金曜日だけど、これくらい早いとまだ席が空いてるかと思って」

 予想どおり、この時間帯はけっこう空いていて、余裕で入ることができた。

 金曜日は、職場の同僚などと都心部で飲んでから、郊外の住宅街に帰ってくる人が多いらしく、「たつや」のような人気酒場であっても、早い時間帯には空いていることが多いのだ。

「いいレバが入った日に限って、お店が静かというジンクスがあるので、今日も心配してるんですよ」

 と店主。なるほど、今日はいいレバが入ったんですね。

「いや、今日は遅い時間帯に忙しくなるんじゃないの」

 なんて言っていたのだったが、結局は、それから1時間もしないうちに店内は満席になり、それでもなおやってくるお客さんに対して、「ごめんなさい、満席です」と断らないといけない状態になった。さすがである。

 まずは大瓶ビール(600円)をサッポロラガーでもらい、つまみは「冷製の盛り合わせ」(500円)からスタートした。

 今日の冷製盛り合わせは、コブクロ、ガツ、タン、レバの4種盛り。これをゴマ油+塩でいただく。

 レバ刺しが、レバ冷製になったときには、ガックリときたものだったが、今やこのレバ冷製にはまってる。生もうまかったけど、冷製もいいもんだねえ。

 焼きものは、ハラミ(110円)とテッポウ(110円)を1本ずつ、味噌焼きで。

 ビールに続いては黒ホッピーセット(400円)をもらって、つまみは「キャベツの浅漬け」(200円)も追加する。キャベツの中に、ミョウガや切り昆布が混ざっているのがアクセントになっていい。

 ナカ(ホッピーの焼酎おかわり、250円)をもらって、「がんもどき焼き」(250円)と、冒頭でご紹介した「玉ねぎ」タレ焼き(140円)を注文するころには、店内はすでに満席。焼きものも、焼き待ちの渋滞が発生している。

 ここは焦らず、キャベツの浅漬けをチビチビとかじりながら飲んで待つ。

 「たつや」の店内はカウンター席のみ。しかしながら、そのカウンターが、わざと複雑な形に折れ曲がるように設計されているので、グループ客できた場合は、その角をはさむように座ると、同行者の顔が見えやすい状態になるのだ。

 ひとり客が店の入口に近い側にいて、グループのお客さんが店の奥のほうにいることが多い。

 最後にもう1杯、ナカをもらって、「今日はいいものが入った」と話してくれていたレバ(100円)で〆ることにする。

「塩とタレを、1本ずつ焼いてください」

 レバは外見が同じように見えても、甘みがある場合と、苦みがある場合とがある。どちらも旨みの成分なんだろうけど、ちょっとしたバランスの差で甘くなったり、苦くなったりするみたいだ。

 今日のレバは、いい感じの甘み。本当にいいレバだ。

 たっぷりと2時間半ほどの酒場浴。大瓶ビール1本に、黒ホッピーをソト1・ナカ3と、けっこう飲んだ。金曜日ならではの楽しみだ。

「今日はけっこういきましたよぉ!」

 と言いながら計算してくれたお勘定は3,080円。

 いやいや。その分、じっくりと堪能させていただきました。どうもごちそうさま!

Img_2874a Img_2875a Img_2882a
「たつや」 / サッポロラガービール大瓶 / もつ冷製の盛り合わせ

Img_2885a Img_2887a Img_2890a
ハラミとテッポウの味噌焼き / 黒ホッピーセット / キャベツの浅漬け

Img_2894a Img_2899a Img_2908a
ナカ / がんもどき焼き / レバのタレ焼きと塩焼き

店情報前回

《平成28(2016)年6月17日(金)の記録》

|

« 元気玉でパワーを注入 … やきとん「元気(げんき)」(秋葉原) | トップページ | つい足が向いてしまう … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63804232

この記事へのトラックバック一覧です: 玉ネギは炭火焼が旨い … やきとん「たつや」(沼袋):

» もつ煮込みのカレー版 … やきとん「たつや」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 「たつや」名物の「もつカレー」(パン付き400円)である。(カッコ内の価格はすべて税抜き表記。)  もつカレーは、もつ煮込みのカレー版。  これを、炭火でトーストして添えてくれる2切れのパンにのせながらいただく。  黒ホッピー(セット400円、ナカ250円)にぴったりのつまみだ。  パンが足りない人のために、「おかわりパン」(2切れ100円)もある。  さらに、このもつカレーをごはんにかけて、カ... [続きを読む]

受信: 2016.08.15 22:00

« 元気玉でパワーを注入 … やきとん「元気(げんき)」(秋葉原) | トップページ | つい足が向いてしまう … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »