« 牛もつ煮込みは高密度 … 「千成(せんなり)」(巣鴨) | トップページ | 店情報: もつ鍋「おおやま」(博多) »

ホイスハイボールの店 … 「うぐいす酒場」(南千住)

ホイスハイボール


 11年ぶり、「うぐいす酒場」である。

 以前は駅前ロータリーの向こう側の2階にあったんだけれど、今はその場所が再開発されて大きなビルが建っている。

 そして、われらが「うぐいす酒場」は、そのビルの地下にある「北口飲食店街」の一角に、もつ焼き「カミヤ」などと一緒に入っているのである。

 店名の表記も、よく見えるところでは「うぐいす酒場」と、誰にでも読みやすいひらがな表記となった。

 でも階段を下りて店の前まで行くと、昔ながらの「鶯酒場」の赤ちょうちんと、紺地に白で「大衆酒場」と大書されたのれんに迎えられる。この赤ちょうちんとのれんは、前の店からそのまま持ってきたんだろうな。

 ここに来たら、ホイスハイボール(320円、以下すべて税別表記)を飲まなきゃね。

 11年前に来たときには300円だったから、消費税を除いた正味分で7%ほど値上がりしたんですね。

 ホイスというのは、ホッピーなどと同じような焼酎の割りもの。昭和30年ごろに登場し、庶民のあこがれだったウイスキーをもじって、ホイスキー。それが転じてホイスと呼ばれるようになったんだそうな。

 店内はコの字カウンターなんだけど、そのコの字の入口に近い側は、回転ずしのテーブル席のように、カウンターに連接したテーブル席になっている。

 お通しとして出された子持ち昆布をつまみながら、そのカウンター中央部に掲げられたメニューを確認する。

 そして、『本日のおすすめ』と書かれたボードにある手書きの短冊メニューの中から、「じゃがカレー」をもらうことにする。

 じゃがカレーは「ライス付」が600円、「のみ」と書かれたのが500円。

 「のみ」というのは、きっと「カレーのルーのみ(ライスは付かない)」ということなんだろうな。

 その「のみ」のほうをもらったら、小さなガーリックトーストが2枚、添えられてきた。

 「うぐいす酒場」の創業は、東京オリンピックが開催された昭和39(1964)年というから、中野のバー「ブリック」や、沼袋のもつ焼き「ホルモン」などと同じ。今年で創業52年となる。

 新しいビルの中に入って、店はきれいになったものの、品書きの内容や値段、店内の雰囲気などは、やはり「正しき大衆酒場」を継承している。

 この先も長く続いてほしい大衆酒場の1軒であることは間違いない。

 宇ち中さんと二人で、2時間近く、ゆっくりと過ごさせてもらい、お勘定はひとり千円ずつぐらいだったような……。(記憶が不鮮明)

 どうもごちそうさま。

Img_5920c Img_5925c Img_5927c
うぐいす酒場 / お通しの子持ち昆布 / カレーのみ

店情報前回

《平成28(2016)年2月6日(土)の記録》

|

« 牛もつ煮込みは高密度 … 「千成(せんなり)」(巣鴨) | トップページ | 店情報: もつ鍋「おおやま」(博多) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/63834565

この記事へのトラックバック一覧です: ホイスハイボールの店 … 「うぐいす酒場」(南千住):

« 牛もつ煮込みは高密度 … 「千成(せんなり)」(巣鴨) | トップページ | 店情報: もつ鍋「おおやま」(博多) »